AOA ソリョン「BIG ISSUE KOREA」の表紙モデルに抜擢…ハンサムな魅力を発揮

OSEN |

写真=「BIG ISSUE KOREA」
AOAのメンバーで、女優としても活動しているソリョンが、ライフスタイルマガジン「BIG ISSUE」の表紙モデルに抜擢された。

今回のカバーグラビアでソリョンは、フラワーセットを背景にカラフルなパターンのワンピースとシルクシャツ、花柄のパンツなどを完璧に着こなし、視線を釘付けにした。また、ソリョンはカットごとに異なるポーズと表情を見せて、現場のスタッフから絶賛を受けた。

写真撮影後に行われたインタビューでソリョンは、デビュー9年となる現在の心構えについて、「心から出てくる余裕がある。メンタルが強そうだとよく言われる。健康なほうだと思う」と答えた。

また書籍「TREND KOREA 2020」が、昨年話題になったMnet「Queendom」での「Egotistic」カバーステージ後、記憶に残る反応としてAOAのステージを挙げたことについて話した。ソリョンは「ステージを準備するときは、そこまで大きな意味を与えていなかったけれど、ステージの後、私たちの姿に良い評価をしてくださり嬉しかった」と語った。特に、そのステージの後「ハンサムだ」と言われていることについて「すごく嬉しい。きれいだという言葉も、ハンサムだという言葉に含まれる」とし、喜びを表した。

高額寄付者クラブである「オーナー・ソサエティー」のメンバーでもあるソリョンは、着実に寄付とボランティア活動を続けている。その理由について「役に立つことを嬉しく思う。具体的にどのようにすれば役に立てるかを考えながら、さまざまな方法で実践している」と説明した。新型コロナウイルス感染症のため世界が危機的状況である中、こんな時こそ、より一層弱い人々のために貢献したいという気持ちで、快く「BIG ISSUE」の表紙撮影に応じたソリョンは、「厳しい時であり、何を言えばいいか慎重になるけれど、みんな健康に気をつけてほしい」と話した。

これに対して「BIG ISSUE KOREA」側は、「ストリートマガジンである『BIG ISSUE』もコロナウイルスのため萎縮していた。状況が厳しく、慎重になり、予定も見送られる中、ソリョンさんが表紙モデルとしてお力添えしてくださって、本当に感謝している。『BIG ISSUE』も販売員の方々の健康と衛生に気をつけており、生活費を支援するなど、厳しい時期を乗り越えるための努力している」と感謝の気持ちを伝えた。

記者 : イ・スンフン