「梨泰院クラス」パク・ソジュン、ユ・ジェミョンとの全面対決を予告“会長の罪の償いはまだ…次はあなたの番”

Newsen |

写真=JTBC「梨泰院クラス」放送画面キャプチャー
パク・ソジュンとユ・ジェミョンが全面対決を予告した。

29日に韓国で放送されたJTBC金土ドラマ「梨泰院クラス(脚本:チョ・グァンジン、演出:キム・ソンユン)」第10話で、パク・セロイ(パク・ソジュン)は、チャン・デヒ(ユ・ジェミョン)の反撃にも諦めなかった。

チャン・デヒが緊急記者会見を開き、息子のチャン・グンウォン(アン・ボヒョン)を捨てたことで、パク・セロイの計画は全て失敗した。

チャン・グンウォンが懲役7年を言い渡された法廷で、チャン・デヒは「かなり痛快だろう」と、パク・セロイを刺激した。しかし、パク・セロイは、相変わらず席を守っているチャン・デヒに「チャン家が息子まで売り飛ばしてまで、守らなければならない姓か」と尋ねた。

チャン・デヒは「チャン家のためなら俺は何でもできる。だけど、かなり痛かったのも事実だ」とし「お前は、度を越した」と述べた。

パク・セロイが「会長の罪の償いはまだだ。次は、あなたの番だ」と警告すると、チャン・デヒは、パク・セロイを敵だと認め、ただでは置かないと警告した。これに対しパク・セロイは「私も自分のすべてをかけて同じ約束をする」と意志を見せた。

記者 : イ・ハナ