防弾少年団のファン、ソウルコンサート中止も…返金分をそのまま寄付し話題に

OSEN |


防弾少年団が新型コロナウィルス拡大による安全を考慮し、4月のコンサートを中止にした。このような決定にファンは返金されたお金をそのまま寄付し、防弾少年団の自慢のファンの姿を見せた。

本日(28日)、希望ブリッジ全国災害救護協会はOSENとの電話取材に対し「防弾少年団のファンたちはソウルコンサートがキャンセルされると、払戻金を寄付し、インターネットに文章を投稿した」と説明した。

同日、防弾少年団が所属するBig Hitエンターテインメントは「4月11日と12日、18日と19日、蚕室(チャムシル)オリンピックメインスタジアムで行われる予定だった『BTS MAP OF THE SOUL TOUR-SEOUL』公演は中止になった」と正式に発表した。

事務所は「事態が改善されると期待しているが、20万人の観客、アーティストの健康と安全を考慮し、万が一公演日まで残り少ない状況で中止を決定した場合、海外の観客や公演関連の会社、スタッフに被害を及ぼしかねないため、やむを得ず公演の日程を1ヶ月後に控えた今の時点で中止を決定することになった」と説明した。

これにより、防弾少年団の4月のコンサートチケットを購入したファンは、チケット販売サイトを通じて払い戻しを受けている。しかし、これを残念に思うだけでなく、返金されたお金をそのまま寄付している。普段から善行に積極的だった防弾少年団に憧れるファンらしい行動だ。

実際、ジョングクのあるファンは「ソウルコンサートチケットの金額を新型コロナウィルス拡散防止と予防のため希望ブリッジ全国災害救護協会に防弾少年団と防弾少年団ジョングクの名義で寄付しました。見えないところで命をかけて最善を尽くしてくださっている医療スタッフとボランティアの方々にもう一度感謝します」という文章をTwitterに掲載した。

業界の関係者は「SUGAが1億ウォン(約900万円)を寄付した後、防弾少年団のファンから寄付が続いているが、今日は特に多い。ARMY(防弾少年団のファン)の名前、防弾少年団のメンバーらの名義、個人ファン名義などで今日3時まで1日で453件の寄付が行われた。寄付金は1938万2416ウォン(約174万円)だ」と伝えた。

防弾少年団、韓国でのカムバックステージも大成功…MVのビハインドカットを公開

防弾少年団、タイトル曲「ON」の2つ目のMV公開…まるで映画のような世界観

記者 : パク・ソヨン