Aengzi、ドラマ「花道だけ歩こう」のOSTに参加...春の雰囲気漂う告白ソング

OSEN |

写真=Plus Media
人気クリエーターAengziがOST(劇中歌)で春の訪れを知らせる。

昨年、1stシングル「I really like you」を発売し、歌手デビューした“ロール(RPG)女神”Aengziがドラマ「太陽の季節」で初めてOSTを歌った後、KBS 1TV毎日ドラマ「花道だけ歩こう」OSTのオファーを受け、3月1日に「I believe」を発売する。

新曲「I believe」は愛する人に真心を伝える暖かい歌詞と一度聴くだけで思わず口ずさむようなメロディを特徴としている。

「今日は一日が短かったです。一日中あなたのことを思うと/暗雲が立ち込めた空も笑っているようです」と暖かい春の日差しのような清らかで明るい声が前半部の曲の雰囲気を伝える。「I believe、私の愛、あなただけです……夜が更けても日が暮れません/いつもあなた、私のそばにいれば私は十分」というサビでは永遠の愛を願う気持ちが込められている。

新曲「I believe」は作曲家の必勝不敗、ジェイミーが共同で完成したミディアムテンポの楽曲で、Aengzi特有の可愛らしいボイスが加わり、愛の感性が感じられる。Aengziは最近発売した楽曲「見ていると笑顔になれる人」でファンを魅了し、新曲を通じて視聴者から反響を呼ぶと期待されている。

OSTの制作会社Plus Mediaの関係者は「人気クリエイターとして活動し、音源を通じて魅力的な声を聞かせているAengziが昨年に続き、2回目のOSTを歌うことになった」と新曲への応援を呼びかけた。

KBS 1TV「花道だけ歩こう」は、夫の実家での厳しい生活に耐えてきた熱血主婦カン・ヨウォン(チェ・ユンソ)とポジティブな男ポン・チョンドン(ソル・ジョンファン)の胸ときめく人生リセットを題材にしている。しっかりした構成とストーリーで視聴率が22%を超え、同時間帯1位を記録している。

記者 : チャン・ウヨン