オ・ジョンセ、新ドラマ「サイコだけど大丈夫」への出演が決定…キム・スヒョンの兄役として登場

Newsen |

写真=プレインTPC
俳優オ・ジョンセがtvN「サイコだけど大丈夫」の出演を決めた。

「サイコだけど大丈夫」は、重い人生のため愛を拒否する精神病棟の介護師と生まれつきの欠陥で愛を知らない童話作家が出会い、お互いの傷をいたわり、癒していく癒しロマンスだ。ドラマ「ジャグラス」の執筆を担当した脚本家チョ・ヨンと「嫉妬の化身」「ボーイフレンド」の演出を務めた監督パク・シヌがタッグを組んだ作品で、精神病棟の介護師ムン・ガンテ役にキム・スヒョンの出演が決まり、話題になった。

オ・ジョンセは「サイコだけど大丈夫」で自閉スペクトラム症があるが、優れた絵の実力を持った挿絵作家ムン・サンテ役を演じる。ムン・サンテは弟ムン・ガンテの唯一の家族で人生の意味になる存在で、オ・ジョンセは弟役に扮するキム・スヒョンと切ない兄弟愛を見せてくれる予定だ。

特に「サイコだけど大丈夫」はオ・ジョンセがデビュー以来、初めて発達障害を持つ役を演じ、注目される。昨年映画「エクストリーム・ジョブ」からドラマ「椿咲く頃」「ストーブリーグ」まで出演する作品でいずれも個性的な人物を作り出し、愛されてきたオ・ジョンセが次回作として「模範刑事」と「サイコでも大丈夫」を選び、ファンの期待を高めている。

オ・ジョンセは先に出演を知らせた「模範刑事」では不動産業界の大金持ちに「サイコだけど大丈夫」では人とは少し異なる挿絵作家に扮し、正反対な魅力を見せてくれる予定だ。演じる役は自分の個性で再誕生させる「ヨジョンセ(妖精+オ・ジョンセ)マジック」は2020年にも続く。

tvN「サイコだけど大丈夫」は、韓国で6月に放送がスタートする。

記者 : イ・ミンジ