ソ・ガンジュン、カジュアルからスーツまで…女心を射止めるダンディーなファッションに迫る

@STYLE |

デビューと同時にハンサムなビジュアルで注目を集めた俳優ソ・ガンジュン。彼は型破りな内容で違和感を与えかねないと言われていた、2013年放映作MBC単発ドラマ「ハヌルジェ殺人事件」も、「ビジュアルが作品のヒットを確実にした」という好評を得て、早くも“顔天才”と認められた元祖“顔天才”俳優である。ソ・ガンジュンは、薄いブラウンカラーの瞳で神秘的な雰囲気を醸し出し、色白の肌にはっきりとした目鼻立ちで、視聴者の目の保養となった。また、彼は“男神”という修飾語にぴったりのルックスだけではなく、安定した演技力まで認められ、恋愛物からジャンル物まで、幅広い演技を完璧にこなす俳優でもある。最近韓国で放送が終了したJTBC「天気が良ければ訪ねて行きます」で、叙情的ながらも暖かいソ・ガンジュン流の恋愛ドラマを披露したソ・ガンジュン。普段からシンプルでダンディーなスタイリングで、ルックス、演技、ファッションの3拍子を兼ね備えた魅力を披露してきた。そんなソ・ガンジュンの女心を射止めるスタイリングに迫った。

2019年8月22日、ドラマの打ち上げ

着飾ったようで着飾っていないような、彼氏ファッションのお手本。シンプルなニットカーディガンに、ダメージ加工が加えられたロールアップ・デニムパンツを合わせて、さわやかでカジュアルファッションを披露した。シンプルな黒い腕時計とベルトを合わせて、完璧に完成した打ち上げファッション。


2019年7月13日、ブランドのイベント

地中海のサントリーニのビーチを連想させるスタイリング。Vネックの白いシャツと濃いサファイアブルーのカラーパンツを合わせた。これに同じ色のコンバースシューズで仕上げ、清涼感あふれるファッションを披露した。


2019年7月2日、ドラマの制作発表会

マニッシュな魅力を引き上げたブラック基調のファッション。ベーシックなブラックスーツに素材が異なるシルキーなシャツを合わせて、型にはまらないスーツファッションに仕上げた。そこに靴下を見せずに、エナメルのレザーローファーを合わせて、スタイリングの完成度を高めたベストスタイリング。


2018年12月31日、授賞式

ミディアムサイズのボータイでロマンチック指数を高めた授賞式ファッション。格式張ったセットアップスーツに、額を出したヘアスタイルで、洗練された魅力を倍増させた。


2018年9月27日、ドラマの制作発表会

ソ・ガンジュンの柔らかい魅力が際立ったブラウンコーデ。広い肩幅とスリーボタンのジャケットでアクセントを加えた。

記者 : イ・ミンギョン