防弾少年団 SUGAやポン・ジュノ監督も続々…新型コロナ拡散防止のために寄付

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB、チン・ジェヨン Instagram
連日スターたちが新型コロナウイルスの拡散防止と予防のために寄付に乗り出して、温かい雰囲気を作り出している。

社会福祉共同募金会愛の実によると27日、ソル・ギョング&ソン・ユナ夫婦が1億ウォン(約900万円)を寄付したという。

ソン・ユナは愛の実に直接電話をかけて、「新型コロナウイルスで苦労されている方に、少しでも役立つことを願って、大邱(テグ)と慶尚北道(キョンサンブクド)地域をはじめ、助けが必要なところに迅速にサポートして欲しい」と伝えたという。

また、アカデミー賞4部門受賞に輝いた「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督は、俳優ソン・ガンホに続いて1億ウォンを寄付した。

希望ブリッジ全国災害救護協会側は27日午後、マイデイリーに「ポン・ジュノ監督が、本日(27日)1億ウォンを寄付した」と明らかにした。続いて「ポン・ジュノ監督の寄付は、新型コロナウイルス拡散防止と予防活動のために使われる予定だ」と伝えた。

“芸能界の代表親友”イ・ソジンとイ・スンギも並んで寄付リレーに参加した。イ・ソジンは愛の実の大邱福祉共同募金会に1億ウォンを寄付した。

イ・スンギは、国際救護開発NGOグッドネーバーズに1億ウォンを寄付した。彼は「大邱、慶尚北道地域で苦労している子供たちが安全に保護されるように願い、寄付することを決心した。感染予防物品及び生活必需品の購入が難しい子供たちの助けになって、新型コロナウイルスの感染から守られるように、わずかながらも力になりたい」とコメントした。

チン・ジェヨンもまた、27日に希望ブリッジ全国災害救援協会に1000万ウォン(約90万円)を寄付した。彼女は「ただ平凡な日常と、暖かい春が早く来たらいいです。すぐに終わります。みんなで力を合わせて乗り越えられるように、小さな心を伝えます。患者のすべての方々、医療スタッフの健康もしっかりお守りください。みんな頑張りましょう。打ち勝ちましょう。大邱、ファイト」という応援コメントを残した。

“世界的アイドル”防弾少年団のメンバーSUGAも、新型コロナウイルス拡散による被害を支援するために率先して故郷の大邱に、1億ウォンを寄付した。

SUGAは希望ブリッジ全国災害救護協会に、「新型コロナウイルスの予防と被害の回復のために使ってください」と、1億ウォンを寄付したと伝えられた。

加えてこの日、IU(アイユー)、キム・ヒソン、イ・シオン、ペク・チヨン、パク・ミョンス、ソン・イェジン、チョン・リョウォン、キム・ヨナ、X1出身キム・ヨハンなどが、寄付とマスクの支援を通じて善行リレーを続けた。

それだけでなく、ユ・ジェソク、イ・ビョンホン、イ・ヨンエ、キム・ゴウン、パク・ソジュン、イ・ヘヨン、ユン・セア、チャン・ソンギュ、I.O.I出身キム・チョンハ、イ・スンファン、ホン・ジニョン、T-ARAの ヒョミン、キム・ジェドン、チョ・スビンアナウンサー、Brown Eyed Girlsのガイン、キム・ウビン、シン・ミナ、コン・ユ、パク・ボヨン、チョン・ウソン、キム・ヘス、チュ・ジフン、キムヘウン、元iKONのB.I、カン・ホドンなどが寄付に参加した。

IU、新型コロナウイルス拡散防止のため約1800万円を寄付

コン・ユ&シン・ミナ&パク・ボヨン&ソン・ガンホら、新型コロナウイルス拡散で…芸能界から続く寄付

記者 : キム・ナラ