防弾少年団、タイトル曲「ON」の2つ目のMV公開…まるで映画のような世界観

MYDAILY |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団のニューアルバムのタイトル曲「ON」の2つ目のミュージックビデオが公開された。

防弾少年団は本日(28日)0時、Big Hitエンターテインメントの公式SNSチャンネルを通じて4thアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」のタイトル曲「ON」の2つ目の公式ミュージックビデオを公開した。

今回のミュージックビデオは「ON」の歌詞の内容をシネマティックな映像で表現した。与えられた道を運命的に受け入れ、自身の前を防ぐことがあっても、前に向かって進むという防弾少年団の決意を象徴的に表現した。

ミュージックビデオは尋常ではない雰囲気の中で、矢に打たれた鳥を見つめて徐々に近づいていくジンの姿で始まる。広闊な野原、森の中の湖水などエキゾチックで雄壮な感じを与える背景と、メンバーたちの繊細な演技が調和をなして一本の映画のような映像美を誇示する。

また映像後半のダンスブレイクを通じて垣間見ることができる防弾少年団の完璧な群舞と強烈なカリスマ性が視線を圧倒し、一風変わった見ものを提供する。

これに先立って防弾少年団のニューアルバムと共に「ON」の初ミュージックビデオであるミュージックビデオでキネティックマニフェストフィルム(Kinetic Manifesto Film:Come Prima performed by BTS for Lead Single)を公開、マーチングバンドと数十人のダンサーが一緒にする過去最大の大規模パフォーマンスを披露した。そのような状況で「ON」の2つ目のミュージックビデオが公開され、Twitterの世界リアルタイムトレンドで1位を席巻した。

「ON」は防弾少年団のパワフルなエネルギーと真心を盛り込んだ曲で、いつも音楽的変化を試みるアーティストとして成長の頂点を表した曲だ。ソウルフルで中毒性のあるボーカルサンプルカット(Vocal Sample Cut)と大規模セッションを通じて録音したUCLAマーチングバンドが調和をなし、パフォーマンス音楽のまた違うレベルを披露する。

「ON」は公開直後、韓国の主要音楽配信サイトで1位、世界83ヶ国及び地域のiTunes「トップソング」で1位を獲得し、防弾少年団の高い人気をもう一度証明した。

記者 : パク・ユンジン