N.Flying、新メンバーも!日本で初のファンミーティングを盛況裏に終了…初Zeppツアーの開催も発表

KSTYLE |

写真=ヤマダマサヒロ
5人組ロックバンドN.Flyingが2月13日に、東京・中野サンプラザで初のファンミーティング「N.Flying 1st Fanmeeting 2020 in Japan ~Oh Yeah!~」を行い、7月のニューシングル「Amnesia」のリリースと、憧れの初Zepp Tour「N.Flying 2020 ZEPP TOUR“Amnesia”」開催を発表した。

N.Flyingは、イ・スンヒョプ(ボーカル&ラップ)、ユ・フェスン(ボーカル)、チャ・フン(ギター)、キム・ジェヒョン(ドラム)、ソ・ドンソン(ベース) の5人からなる韓国出身のロックバンド。事務所の先輩であるFTISLANDやCNBLUE同様、本格的なロックバンドでありながらもアイドル顔負けの完璧なビジュアルと普段の飾らない少年のような素顔を持っている。

写真=ヤマダマサヒロ
母国韓国でのデビューに先駆け、2013年から日本でライブ活動を行ってきた彼らにとっても、ライブ以外のファンミーティング開催ははじめて。そして、今年1月から正式メンバーとして加わった、ベースのドンソンにとって、正式加入後初の日本でのステージ、さらにこのイベント前日に日本公式ファンクラブ「N.Fia JAPAN(エンピア ジャパン)」がオープンして初ステージという、初めて尽くしのイベントとなった。

「N.Fia~!」というボーカルのスンヒョプの雄たけびとともに、ファンミーティングはライブパートからスタート。1曲目となった最新シングル「Kick-Ass」から、赤いペンライトが揺れ動く会場に幸せなムードがあふれる。2曲目の「The World Is Mine」で早くも上着を脱ぐスンヒョプ。チャ・フンとドンソンのコーラスに乗って、スンヒョプとフェスンが向かい合ってエモーショナルな歌声を響かせた。3曲目の「Sunset」では会場から大きなクラップが起こり、4曲目の「GOOD BAM」でファンのシングアロングで一体感が高まると、5曲目の「Hot Potato」ではバンドらしいプレイで会場を熱くした。

写真=ヤマダマサヒロ
バンドとしてのライブの後は、アイドルとして魅せるトーク&ゲームのコーナーへ。演奏なしでトークだけで進行する初めての経験に、緊張気味のメンバーたち。中でも初めて日本のファンの前でトークをするドンソンはガチガチだ。

新メンバーも加わったということで、メンバーひとりずつを紹介する「初ファンミだ Oh Yeah!『トリセツ de 自己紹介』」に突入。トップバッターのスンヒョプが自分のトリセツを読み上げていくが、メンバーたちのツッコミや、マイペースなスンヒョプの進行で、1人目ですでに30分押しに。「美味しいものを食べるのが好き」というスンヒョプからは「『HOW R U TODAY』(2018年)の時と比べると、6キロ太った」という驚きの発言も。ネコ好きのチャ・フンは「ネコが半径1メートル以内にいるとゴキゲン」だそう。

写真=ヤマダマサヒロ
バンドのムードメーカー、いつもにぎやかなジェヒョンからは「本当は一番物静か。静かな印象のチャ・フンが実は一番うるさい」という意外な真実が発覚。モッテジ(イケメン豚)と友達に呼ばれているフェスンは「休みの日に溜まった家事をするのが好き」だそう。新メンバーのドンソンは、緊張しながらも漢字まで書けてしまう日本語の実力でファンを驚かせたが、自分の名前をカタカナで「ドソソソ」と書いてしまい、爆笑を巻き起こした。

「生誕からデビューまでの軌跡ならぬ“奇跡”『お宝写真でたどるN.Flying誕生秘話』」のコーナーは、子ども時代から学生時代、練習生時代までのお宝写真を公開。練習生時代の長髪でギターを弾く写真を出されたチャ・フンは恥ずかしさでステージを走り回ったが「ウエストが24インチだった」というこの時代「一緒に銭湯に行ったら、入ってきたおじさんに女の子だと思われて驚かれた」というエピソードをスンヒョプが紹介するなど、昔話に花が咲いた。

写真=ヤマダマサヒロ
また「大先輩の意思を受け継ぐ5人組『韓国バンド界期待の星N.Flying』」というバンドの歴史を写真で振り返るコーナーでは、昨年1月に韓国の音楽番組で初1位に輝いたときに号泣した写真を公開されたジェヒョンが、「初めての1位で、いろいろな思い出が頭の中に映画のようによみがえった」と感想を述べ、同じく昨年の日本での初ホールツアーの写真を見ると再びジェヒョンが「皆さんが振ってくれる赤いペンライトの光をステージから見ると感動します。ライブができるのは幸せ。N.Fia(N.Flyingのファン)の前でライブするのが世界で一番幸せな時間です」というと、会場から大きな拍手が上がった。

後半は、会場のファンも全員参加で「N.Fiaとのシンクロ率は何%?『High&Low クエスチョン』」というクイズコーナーへ。「バレンタインのチョコを5個以上もらったことがある」という設問では、5個以上もらったのはスンヒョプとジェヒョンだけという意外な結果に驚きの声が上がり、「全員が連絡はメールよりも電話派」という回答には、「珍しくチャ・フンから電話がかかってきたのですが、どうやら寂しかったみたい」という仲良しエピソードをスンヒョプが公開してほっこり。流れで一発芸を披露することになると、ジェヒョンが「得意」だと披露したキリンのモノマネに、他のメンバーが赤ちゃんキリン、生まれたてのキリンなどバリエーションで対抗するというバラエティ力を発揮して笑わせた。

写真=ヤマダマサヒロ
万歩計を付けてダンスをするゲームや、スマホで撮影ができるフォトタイムが終わると、エンディングのコーナーに。「スペシャルな発表がある」とVTRを振ると、映像を通して「Doll/Kick-Ass」以来8ヶ月ぶりとなるニューシングル「Amnesia」(記憶喪失)の7月発売と、新曲を引っ提げた初Zepp Tourの開催が告げられると、会場のファンも大興奮。スンヒョプが「日本で初めて先輩のオープニングアクトをしたのがZeppでした。そのときから僕たちもいつかZeppでライブしたいと思い続けてきたので、すごく意味のあるツアーです」とサムズアップで笑顔を見せた。

最後にドンソンが「初のファンミーティングで緊張しました。もっと日本語がうまいのに、ちゃんと出てこなくて。楽しくて幸せな時間でした。これからもっとかわいくてカッコいいドンソンになれるように頑張ります」と伝えると、ジェヒョンは「Zepp Tourができることが信じられません。先輩たちのカッコいいステージを見て、憧れてきた夢が叶います。皆さんのおかげです、ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

チャ・フンは「昔のライブ写真を見たら、その時の自分たちのこと、皆さんの気持ちを思い出してグッときました。Zepp Tourの発表で泣いる方を見て、僕たちを愛してくださる気持ちにもグッときました。もっと皆さんのために頑張らなきゃと思いました。皆さんも僕らの成長を見守ってください」と伝え、フェスンも「ずっとやりたいと言っていたZepp Tourは、特別なものです。皆さんのおかげでできるツアーです。これからもずっと頑張ります!」と意気込みを語った。最後にスンヒョプは「2013年から活動が続けてこられたのは奇跡だと思っています。もっと頑張って、よいライブをお見せします」と伝え、各自が感謝を述べると、メンバー全員で「以上、N.Flyingでした! ありがとうございました!」と挨拶して、手を振りながらステージを降りて行った。

写真=ヤマダマサヒロ
本来、ここで終了する予定だった本編だが、終演後に来場者全員と行われる予定になっていたハイタッチ会が新型コロナウィルスの影響で中止されることがアナウンスされた。しかし事前にそれを知らされていたメンバーからの願いで、追加でライブをすることが決定。

誰より残念に感じていたメンバーからの心からのサプライズプレゼントにまた温かい歓声が上がった。
「盛り上がっていきましょー!」というスンヒョプの掛け声で、「Rooftop」と「The Real」で再びファンを盛り上げると、ファンのジャンプで会場が揺れる勢いに。フェスンとスンヒョプも「ソリジロー!(叫べ)」と叫び、ファンのレスポンスにサムズアップで応えると、フェスンが高音シャウトでステージを締めくくった。

N.Flyingは7月ニューシングル「Amnesia」をリリースし、初Zepp Tour「N.Flying 2020 ZEPP TOUR "Amnesia"」を開催する。止まらずに成長し続けるN.Flyingの今後に目が離せない!

取材・文/坂本ゆかり
撮影/ヤマダマサヒロ

【公演情報】
「N.Flying1st Fanmeeting2020in Japan~Oh Yeah!~」
公演日時:2020年2月13日(木)
会場:<東京>中野サンプラザホール

<セットリスト>
M1. Kick-Ass
M2. The World Is Mine
M3. Sunset
M4. GOOD BAM
M5. Hot Potato
M6. Rooftop -Japanese ver.-
M7. The Real

【公演概要】
「N.Flying 2020 ZEPP TOUR "Amnesia"」
■大阪
Zepp Namba (Osaka)
2020年7月8日(水) 18:00開場 / 19:00開演

■東京
Zepp Diver City (Tokyo)
2020年7月11日(土) 17:00開場 / 18:00開演

■愛知
Zepp Nagoya(Aichi)
2020年7月13日(月) 18:00開場 / 19:00開演

【席種・料金】
N.Fia先行スタンディング(整理番号付) / N.Fia先行2階指定席:9,500円(税込)
一般スタンディング(整理番号付) / 一般2階指定席:10,000円(税込)

【N.Fia JAPAN先行受付期間】
先行申込受付期間:2020年3月6日(金) 18:00~4月7日(火) 23:59
当選発表・入金受付期間:2020年4月10日(金) 18:00~4月22日(水) 23:59

■関連リンク
公式サイト:https://nflying-official.jp

記者 : Kstyle編集部