「第34回日本ゴールドディスク大賞」受賞アーティスト発表!韓国からは防弾少年団&TWICEら6組が受賞

TVREPORT |

写真=JYPエンターテインメント
TWICEが「第34回日本ゴールドディスク大賞」で輝かしい栄光を手にした。

27日、日本ゴールドディスクが公式ホームページを通して発表した受賞内容によると、TWICEはアジア部門の「ベスト3アルバム」「今年のアルバム」賞を受賞した。

2019年3月に日本で発売した2ndベストアルバム「#TWICE2」と、同年11月に発表した2ndフルアルバム「&TWICE」の2枚のアルバムが並んで「ベスト3アルバム」に名前をあげる栄光を手に入れた。

TWICEは「ベスト3アルバム」にアジア部門が新設された2012年以来、初めて3年連続受賞という記録まで立て、“K-POP代表ガールズグループ”らしい威厳を見せつけた。

TWICEは「一層成長した音楽とパフォーマンスを盛り込んだ二つのアルバムで、栄誉ある賞をいただくことになり、光栄だ。いつもたくさんの応援と愛を送ってくださるファンの皆さんに心から感謝している。引き続き挑戦し、成長する」と受賞の感想を明かした。

写真=Big Hitエンターテインメント
また、防弾少年団も「第34回日本ゴールドディスク大賞」で4冠王となった。

27日、日本レコード協会が発表したゴールドディスク大賞受賞によると、防弾少年団は、アジア部門「ベストエイジアンアーティスト」をはじめ、「ベスト5シングル」「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」「ベストミュージックビデオ」の4部門で受賞した。

防弾少年団は、昨年に続いて2年連続で「ベストエイジアンアーティスト」に選ばれた。また、昨年7月に発売した韓国の歌手と海外男性アーティスト初の「ミリオン」の認証を受けた10thシングル「Lights / Boy With Luv」は「ベスト5シングル」部門に、タイトル曲「Lights」は「ソング・オブ・ザ・イヤーバイダウンロード」部門に選ばれた。

他にも「ベストミュージックビデオ」部門で、昨年2月に開かれた日本ドームツアーの公演内容を収めた防弾少年団の「BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF' ~JAPAN EDITION~」が選ばれ、2年連続受賞の栄光を手にした。

また、「ベスト3アルバム」にジェジュン、「ベスト3・ニューアーティスト」にIZ*ONE、THE BOYZ、(G)I-DLEが選ばれた。

日本レコード協会が主管する「日本ゴールドディスク大賞」は、1年間レコード産業の発展に貢献したアーティストと作品を選定して授賞する。過去1年間に発売されたアルバム、ビデオなどの販売実績に基づいて、各部門の受賞者を定める。

TWICE、韓国公演の中止に続いて東京ドーム公演も延期に…4月に振替公演を開催へ

防弾少年団、4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」がGAONチャート1位に…集計史上最多記録

記者 : パク・ヒョンミン