防弾少年団、待望のカムバック!新曲制作中に涙した理由とは?記者懇談会の模様を日本語字幕付きで大公開

KSTYLE |



全世界でブームを巻き起こしている防弾少年団が待望のカムバック! 今回、防弾少年団は4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」の発売を記念してグローバル記者懇談会を開き、メンバー7人がそれぞれの想いを打ち明けました。

2月24日、江南(カンナム)COEX D Hallにて防弾少年団のニューアルバム「MAP OF THE SOUL:7」発売記念グローバル記者懇談会が行われました。この日の会見は、新型コロナウィルス拡散防止の観点から、会場に記者を呼ばずにYouTubeを通じての開催となりました。

今回のアルバムでキーワードとなる“7”。この数字にちなんで「これまでの7年間を振り返って感じたこと、また今後7年間をどのように送りたいか」という質問に、ジミンは「僕の人生を語る上で、7人のメンバーが居なくては説明がつかない」と告白。「今のように一生懸命やり、より良い姿を見せられるように努力したい」と意気込みを語りました。

写真=Big Hitエンターテインメント
RMは、今回のアルバム制作過程について「1人で作業室に行って、泣きながら曲を書いた」と伝え、注目を集めました。さらに彼は、7人のメンバーやARMY(防弾少年団のファン)に出会えたことに言及し、深い愛情をアピールしました。

グループ最年長メンバーであるジンは、入隊に関して聞かれると「決まっていることはない」とし「(軍に行くのは)当然の義務だと思っている。召集が掛かればいつでも応える」と伝えました。

7年目の強い絆と、お互いへの信頼をもとに全世界で活躍を続けている防弾少年団。4thアルバム「MAP OF THE SOUL:7」はカムバックと同時に各国で話題を呼び、今後の彼らの活動にも更に期待が高まっています。

防弾少年団、28日にタイトル曲「ON」の2つ目のMVを公開…もう一つの違う魅力に注目

「第34回日本ゴールドディスク大賞」受賞アーティスト発表!韓国からは防弾少年団&TWICEら6組が受賞

記者 : Kstyle編集部