防弾少年団、4作連続「ビルボード200」1位獲得なるか…世界中から期待の眼差し

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
アメリカ・ビルボードチャートが、防弾少年団の「ビルボード200」チャート1位ランクインを予想した。

ビルボードチャートは2月25日(以下、韓国時間)、公式Twitterを通じて「防弾少年団の『MAP OF THE SOUL:7』が、来週『ビルボード200』チャート1位にランクインするだろう」と予想した。

「ビルボード200」は、アメリカ・ビルボードのメインアルバムチャートである。ビルボードチャートの予測通り、防弾少年団がニューアルバムでこのチャート1位にランクインした場合、アジアの歌手としては初めて4つのアルバム連続で同チャート1位を記録する快挙を成し遂げることになる。

これに先立って防弾少年団は、2018年5月にリリースした3rdフルアルバム「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear'」で韓国歌手としては初めて、同チャート1位を獲得し、2018年8月リリースしたリパッケージアルバム「LOVE YOURSELF 結 'Answer‘」、昨年4月にリリースした「MAP OF THE SOUL:PERSONA」で再び1位を記録した。

防弾少年団は2月21日、4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」を発売した。

デビュー7周年を迎えた7人のメンバーたちは、今回のアルバムを通じて防弾少年団として経験した7年間を振り返り、これによって「見せたい自分」(PERSONA)と「目を背けたい自分」(SHADOW)を受け入れることで、「素の自分」(EGO)を探していく過程を歌った。20曲のトラックそれぞれの物語を一つのアルバムの中で緊密につなげて、より一層完成度の高いアルバムを披露したという好評を得ている。

タイトル曲「ON」は、発売直後にMelOn、FLO、genie、Bugs!、SORIBADAなど5つの主要音楽配信サイトリアルタイムチャート1位を席巻した。アルバムは、402万枚の先行注文(韓国国内外のアルバム卸小売業者が流通社に注文を入れた数量)を記録し、自身たちの歴代最多の先行注文で、K-POP最高先行注文量の記録を更新した。

今回のアルバムは発売直後、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、ロシア、インド、シンガポール、ブラジル、シンガポール、サウジアラビア、インドなど、世界91の国と地域のiTunes「トップアルバム」チャートで1位を獲得し、韓国を越えて海外でも熱く愛されている。これは防弾少年団の歴代最高記録である。タイトル曲として披露した「ON」は、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、ロシアなど、83の国と地域iTunes「トップソング」1位を獲得した。

記者 : ファン・ヘジン