チン・テヒョン&パク・シウン夫婦、初デートで車内キス?「唇から血が…」

MYDAILY |

写真=SBS「同床異夢2-君は僕の運命」
チン・テヒョン、パク・シウン夫婦が朝デートを通じて、率直な考えから恋人時代の思い出まで多彩なストーリーを伝えた。

24日に韓国で放送されたSBS「同床異夢2-君は僕の運命」でチン・テヒョン、パク・シウン夫婦は朝デートをするなど、楽しい時間を過ごした。

二人は恋人時代にも朝早く会って午後1時に別れる“朝デート”を楽しみ、今回も午前5時から広蔵(クァンジャン)市場に行ってグルメ探索をした。その後、24時間営業の娯楽施設に行ってゲームをし、カラオケボックスで楽しい時間を過ごすなど、愉快なデートで笑いを誘った。

ヤンデチャン(牛の大腸)店に向かったチン・テヒョン、パク・シウン夫婦は本格的なモクバン(美味しそうにたくさん食べる番組)を楽しんだ。二人は初デートの思い出を振り返った。パク・シウンは「初デートの時、私が好きな北京ダッグを食べたよね。そしてドライブしたんだ」と話した。

これにチン・テヒョンも「僕たち、車の中で初キスをしたね。当時、君が僕の唇を噛んだ」と話した。これに対しパク・シウンは「あなたが噛んだのでしょう。それで私の唇から血が出たわ」と強調した。

チン・テヒョンは「実は僕バンパイアだ」と冗談を言って笑いを誘った。パク・シウンは「交際から1年で公開恋愛を始めたね。その時にも隠したりはしなかったわ」と笑い、チン・テヒョンは「正直に言って僕たちは秘密恋愛をしたことはないね」と答えた。

その後、チン・テヒョンは俳優としての悩みを妻に告白した。彼は「元々映画に出演したくて俳優になった。見せたい姿がある。まだ映画『ジョーカー』のように強烈なキャラクターを見せたいけど、似合う俳優が決まっている。僕は含まれていないよ。現実的に年取ったからよく知ってる」と厳しい現実について言及した。

続けて、「一緒に俳優活動を始めた友人たちは、みんな成功してる。羨ましい。僕が誤った道を歩いてきたとは思わないよ。でもいつからか韓国映画はあまり見なくなった。現実的に考えたら、父になり夫になり大黒柱になった。もうそんな真剣に悩んではいけないと思う。僕に与えられた現実に集中すべきだと思ってる」と話した。

これに対しパク・シウンは「大黒柱のプレッシャーをあなたにだけ負わせたくないわ。チン・テヒョンの演技が上手いというのは誰でも知ってるよ。生まれながらの才能なのに、あなたはもっと頑張っているでしょう。40代、50代にはより素敵な俳優になっているはずだわ」とアドバイスした。

チン・テヒョンとパク・シウンは朝デートをはじめ、夫婦であり同僚俳優として互いの悩みを真剣に話す姿で温かい雰囲気を演出した。

チン・テヒョン&パク・シウン夫妻、大学生の娘の親に…SNSで養子縁組を報告「本当の家族に」(全文)

結婚2周年!チン・テヒョン&パク・シウン、ラブラブ動画を公開「愛し合いながら暮らします」

記者 : ミョン・ヒスク