防弾少年団 ジン、入隊に言及「多くの方々が気にしていると思う…まだ決定されたことはない」

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団 ジンが軍入隊に対する心境を語った。

防弾少年団は本日(24日)午後、YouTubeで4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」発売記念グローバル記者懇談会を開いた。

防弾少年団は今回のアルバム発売に合わせて、ここ7年間を振り返った。ジョングクは「僕は最初から防弾少年団という名前が好きだった。デビュー当初から防弾少年団の活動が幸せだった」と明らかにした。SUGAは一番嬉しかった瞬間について「今だ。昨日でもなく、1年前でもない」と言いながらも「苦しい瞬間は時差ボケである。時差ボケが大変だ」と打ち明けた。

J-HOPEは「僕たちだけで話しながら、争いを解決してきた。すごくよく合う7人であり、そのような瞬間が苦しみの瞬間ではなかった。7人でいる時が嬉しくて幸せである。意見がよく合う時が幸せだ。そういうのがなかったら、本当に苦しかったと思う」とし、厚い友情を表した。

ジョングクは「僕たちはARMY(防弾少年団のファン)と一緒にいる時に輝く」とし、ファンへの愛情を表した。Vは「ARMYと一緒に世界各国で会う時に幸せだった。今は乗り越えたから言うけれど、ツアーをする時は飛行機、ホテル、会場だけに行く。本当にお祭りのような公演をして主人公になったけど、車に乗った瞬間、空虚感が大きかったが今は乗り越えた」と告白した。

ジンは軍入隊について「入隊に関して多くの方々が気にしていると思う。ご存知のように、まだ決定されたことはない。話すのに慎重になるが、兵役は当然の義務だ。国から呼ばれることがあれば、いつでも応じる予定だ。もし決定されても、良い姿をお見せするために努力している」と強調した。

防弾少年団、生中継でニューアルバム「MAP OF THE SOUL:7」記者懇談会を開催“僕たちの努力と力を注ぎ込んだ”

防弾少年団、4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」GAON週間アルバムチャートで1位を獲得

写真=YouTubeキャプチャー

記者 : キム・ウネ