ソン・ジヒョ&キム・ムヨル主演、映画「侵入者」公開の延期を検討中…新型コロナの影響で

Newsen |

映画「侵入者」が公開の延期を検討している。

「侵入者」の関係者は24日、Newsenに対し「公開の延期を検討している」と明かした。

当初「侵入者」は韓国で3月12日に公開される予定だったが、先週末新型コロナウィルスに関する状況が悪化し、緊急会議を行った。

「侵入者」は今週中に公開日に関する議論を終え、正確な公開日を発表する予定だ。

パク・シネ&チョン・ジョンソシ主演の映画「コール」も3月に公開される予定だったが、2月24日に暫定的に公開を延期すると発表した。その他にも映画「さすらいのシェフ」「Onward:たった一日の奇跡 」も公開日を延期した。

キム・ムヨル、ソン・ジヒョ主演の「侵入者」は行方不明になってから25年ぶりに家に帰ってきた妹のユジン(ソン・ジヒョ)と、それによる家の中の変化を疑う兄ソジン(キム・ムヨル)が秘密を追う過程で衝撃的な真実に出会うミステリースリラー映画である。

記者 : パク・アルム