防弾少年団、4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」イギリスとアメリカの主要メディアが大絶賛

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団のニューアルバムが、海外有力メディアから絶賛を受けている。

2月21日(以下現地時間)、アメリカ「ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)」は、防弾少年団の4thアルバム「MAP OF THE SOUL:7」に関するレビュー記事を掲載した。

「ロサンゼルス・タイムズ」は、防弾少年団のニューアルバム発売に対し「どんなことも比べ物にならない世界的なイベント」と言及し、今回のアルバムに対して「今まで防弾少年団が成し遂げた成果が圧縮されたアルバムであり、K-POPの未来を示している」と好評した。続いて「防弾少年団のキャリアの中で、ジャンル的に最もユニークな音楽を見せるアルバムだ」と評価した。

ビルボードは「防弾少年団は、タイトル曲『ON』で苦しみと恐怖を音楽的な動機にし、インパクトのある歌詞を強烈なパフォーマンスで伝える」と説明した。

イギリスの有名誌「NME」は、「防弾少年団は、これまで歩んできた道のりに対して誇りに思う権利があるグループだ」と評価し、「ニューアルバムは、自身の考えや強い信念、様々な感情に満ちたアルバムだ。防弾少年団のファンになったのが、最高の選択であったことを証明してくれる」と絶賛した。また、「『LOVE YOURSELF』シリーズアルバムが、自己愛について語ったとすれば、今回の『MAP OF THE SOUL:7』アルバムは、防弾少年団の自己受容に対する深い考察に近い。各メンバーたちは、ソロ曲をを通じて自身の人生を振り返っているという点に意味がある」とコメントした。

イギリスのもう一つの主要媒体である「インディペンデント(The Independent)」も22日、「防弾少年団は、『MAP OF THE SOUL:7』で無数の感情を一つの素敵な作品として紡ぎ出した。音楽において今回のアルバムは、我々が同じ言語を使っているという確かな証拠である」と好評した。

防弾少年団は21日、4thアルバム「MAP OF THE SOUL:7」を発売し、カムバックと同時に記録を打ち立てている。ニューアルバムは、世界91の国と地域のiTunesトップアルバム1位を獲得し、発売初日に売上265万枚を突破するなど、空前絶後の記録を打ち立てている。

タイトル曲「ON」は、83の国と地域のiTunes「トップソング」チャートで1位を獲得することはもちろん、発売直後にMelOn、FLO、genie、Bugs!、SORIBADAなど、5つの韓国の主要音楽配信サイトのリアルタイムチャートですべて1位を記録し、収録曲も上位にランクインしてチャートを席巻した。発表して3日が経った現在も、1位をキープしている。

防弾少年団は24日、アメリカNBCチャンネルで放送される「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon(ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン)」に出演し、タイトル曲「ON」のステージを世界で初披露する予定だ。

記者 : イ・ミンジ