ヒョンビン、イム・スンレ監督の新作映画「交渉」に出演決定…上半期も精力的な活動を予告

TVREPORT |

写真=VASTエンターテインメント
俳優ヒョンビンが、次期作の映画「交渉」で今年上半期も精力的な活動を予告した。

21日、所属事務所VASTエンターテインメントは「前作のドラマ『愛の不時着』を通して、名実共に“メロキング”として韓国と海外のファンの心を鷲掴みにし、第3の全盛期を迎えたヒョンビンが、スクリーンでそのブームを続けていく予定だ」と明かした。

「交渉」は中東で発生した韓国人拉致事件を題材に、拉致された人々を救助する内容を描いた作品で、「私たち生涯最高の瞬間」「リトル・フォレスト」のイム・スンレ監督がメガホンを取る。中東という異色的な背景と、俳優ヒョンビンとファン・ジョンミンの新鮮な組み合わせでクランクイン前から大きな期待を集めている。

現在、映画「交渉」は海外ロケを控えており、ヒョンビンは今回の作品を通して前作とは異なる強烈な演技を披露する予定だ。

ヒョンビンはドラマ「愛の不時着」放送終了直後、特別な休み期間もなくすぐに次期作の準備にまい進していることが伝えられた。イム・スンレ監督と台本会議などのスケジュールをこなし、映画で演じる人物のキャラクターを構築するための準備に余念がないという。

これまでドラマとスクリーンを行き来しながら、ラブストーリーからアクションまで、様々なジャンルをこなす韓国の代表的な俳優として、作品ごとに光を放ってきた彼の挑戦が、またどのように人々を魅了するか注目が集まる。

記者 : ソン・ヒョジョン