「誰も知らない」リュ・ドクファン、出演を決めた理由は“キム・ソヒョンに対する信頼”

MYDAILY |

写真=SBS
リュ・ドクファンがSBS新月火ドラマ「誰も知らない」に出演に出演を理由を明かした。

3月2日に韓国で初放送される「誰も知らない」は、子供たちを守りたかった良い大人と、少なくとも悪い大人はなりたくなかった人々のストーリーで、反面教師が多いと思われる時代相を盛り込み「よい大人とは何だろう?」という論点を投げかけるドラマだ。ドラマ放送に先立って、リュ・ドクファンのインタビューが公開された。

劇中、教師イ・ソヌ役を演じるリュ・ドクファンは「ドラマが与える社会的目線が私の関心を引いた。このようなジャンルのストーリーをよく描き出すイ・ジョンフム監督が演出を担当するため、信じることができた。劇中、チャ・ヨンジン刑事が引っ張っていくストーリーであるくらいチャ・ヨンジン役を演じる俳優の存在は大きかったし、キム・ソヒョンに対する信頼も出演を決める上で大きな理由となった」と伝えた。

イ・ソヌは生徒のためなら何でもする典型的な教師キャラクターではなく、安全な嘘と不便な真実の間に佇む人物だ。自身の役柄についてリュ・ドクファンは、「私が考えて作り出すイ・ソヌは『現在我々の姿の見本』だ。私たちは心に温かさを持っているけれど、たまには現実にぶつかって正しい選択をすることができない。しかし今後この社会を生きていく子供たちのために、正しい選択をし、成長して行こうとする。このような我々の姿と一番近い人物がイ・ソヌだ。彷徨と選択の境目に立っていつも悩むイ・ソヌで、本物の“我々”の姿を見せたい」と意気込みを伝えた。

「誰も知らない」は「浪漫ドクターキム・サブ2」の後番組として、韓国で3月2日の午後9時40分に初放送される。

記者 : イ・イェウン