IU、悪質ネットユーザー告訴の進捗を事務所が公開「身元を確保し、処罰を進行中」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
歌手IU(アイユー)側が悪質なネットユーザーの告訴の進行状況を明らかにした。

IUの所属事務所EDAMエンターテインメントは17日、公式Twitterを通じて「固い信頼をもとに、アーティストIUと専属契約を締結したEDAMエンターテインメントは、以前のカカオMで行われたすべての業務と既存のプラットフォームを同じく履行することを受けて、より発展した姿をお見せする予定である」と話を切り出した。

続いて「2019年10月18日に公示したように、IUに向けた悪意のある誹謗中傷の書き込みについて告訴状を提出した」とし、「その結果、被疑者の大半の身元を確保し、捜査機関の調査を受けた」と伝えた。

また「捜査機関の要求に応じて、具体的な過程や詳しい進捗状況を公開するのは難しいが、順次処罰が行われており、結果の通知を待っている。今後も休まずに監視とファンの皆さんの情報提供を通じて、継続的に法的対応する予定である」と強硬対応を示唆した。

またEDAMエンターテインメントのオンラインストアオープンニュースも伝え、ファンとの疎通の窓口を早めに共有すると発表した。

先立ってIU側は、10月に無分別な悪質コメントと虚偽事実流布による名誉毀損、性的嫌がらせ、人身攻撃に対する法的対応を進めた。

IU、ハッキングの被害に?インスタで警告「これは私のもの…線を越えたら本当に不法侵入」

IU、悪質コメントやデマ流布者に法的対応…所属事務所がコメント「示談や善処ない」

記者 : イ・イェウン