「梨泰院クラス」元HELLOVENUS ナラ、パク・ソジュンに冷たい態度“私を好きにならないで”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「梨泰院クラス」放送画面キャプチャー
パク・ソジュンが元HELLOVENUS ナラに「チャンガを終わらせてやる」と約束した。

15日に韓国で放送されたJTBC「梨泰院(イテウォン)クラス」第6話でパク・セロイ(パク・ソジュン)は、自分とチャンガの間で悩むオ・スア(ナラ)を慰めた。

チャン・グンウォン(アン・ボヒョン)から、オ・スアが自分のせいで悩まされているということを知ったパク・セロイは、オ・スアから距離を置こうとした。

チョ・イソ(キム・ダミ)は変わったパク・セロイを見て、未成年者の出入りを通報した人がオ・スアではなく、自分に恨みがあった人だということを知らせると、パク・セロイは急にオ・スアに会いに走りだした。

写真=JTBC「梨泰院クラス」放送画面キャプチャー
オ・スアに会ったパク・セロイは、なぜ嘘をついたのかを聞き「僕に嫌われたかったのか。悪い。エゴだったのは僕の方だ。いつも自分のことだけ考えた」と謝罪した。

オ・スアは「私を好きにならないで」と冷たく言ったが、パク・セロイは「チャンガと僕の間で苦しませてごめん。大変でも、もう少しだけ我慢してくれ。僕に何をしても構わない。僕のことは気にしないで。君が何をしたって僕は動揺しないし、君がもう苦しまないように、チャンガを僕が終わらせてやる」と約束した。

記者 : イ・ハナ