CLC クォン・ウンビン、新ドラマ「なんとなく家族」に出演決定…ソン・ドンイルの娘役

OSEN |

写真=サンサピクチャーズ
CLC クォン・ウンビンが「なんとなく家族」でソン・ドンイルの娘役を演じる。

TV朝鮮の新バラエティドラマ「なんとなく家族」は14日、クォン・ウンビンが劇中でソン・ハヌル役を演じると明らかにし、初のスチールカットを公開した。

「なんとなく家族」は空港付近で下宿を運営するソン・ドンイル、チン・ヒギョン夫婦と航空会社に務める様々な職種の人々が一緒に住むユニークな家族のドラマだ。血の繋がっていない人々が一つの屋根の下で「なんとなく家族」になってから起きる予測不可能なストーリーで笑いと感動を与える予定だ。

クォン・ウンビンはソン・ドンイル(ソン・ドンイル役)、チン・ヒギョン(チン・ヒギョン役)の娘ソン・ハヌル役を演じる。ソン・ハヌルは国費留学生でイギリスのオックスフォード大学に入るほどソン・ドンイル夫婦にとって自慢の娘だが、突然失語症になって韓国に戻り、好奇心と推理力を刺激する見通しだ。

それだけでなく、クォン・ウンビンは明るいが、急に憂鬱になったりするソン・ハヌル役を自身だけの演技でこなし、個性あふれる魅力で「なんとなく家族」で爽やかな姿を披露する予定だ。公開されたスチールカットでも不思議な秘密を持ったような表情をしている姿や、無邪気な表情など多様な雰囲気を披露し、彼女がこれから見せてくれるソン・ハヌルという人物がどんな物語を披露するのか、好奇心を刺激する。

クォン・ウンビンは愛らしいビジュアルに新鮮な演技で「なんとなく家族」の俳優らと阿吽の呼吸を予告し、女優として初めて挑戦するバラエティドラマで新しい姿を見せると意気込みを伝えた。

「なんとなく家族」は、韓国で3月に放送がスタートする予定だ。

記者 : ヨン・フィソン