浦沢直樹、ポン・ジュノ監督の快挙を祝福…アカデミー賞4冠を記念してイラストを公開

MYDAILY |

写真=浦沢直樹 Twitter
漫画家の浦沢直樹が、映画「パラサイト 半地下の家族」(監督:ポン・ジュノ)のアカデミー賞4冠を祝った。

浦沢直樹は本日(11日)午前、自身のTwitterに「ポン・ジュノ監督、おめでとうございます!」という書き込みと一緒に、自身が描いた1枚のイラストを掲載して注目を集めた。

公開されたイラストには、ポン・ジュノ監督がオスカーのトロフィーを持っている姿が描かれている。また、「Congratulation Bong joon-ho from Naoki Urasawa」というメッセージで、ポン・ジュノ監督を祝福した。

浦沢直樹は「20世紀少年」「MONSTER」などで人気を博した漫画家で、ポン・ジュノ監督は浦沢直樹の代表作である「20世紀少年」の映画の演出を依頼されたことがある。

9日(アメリカ現地時間)ロサンゼルス・ハリウッドのドルビー・シアターにて開催された「第92回アカデミー賞」で、映画「パラサイト 半地下の家族」は韓国映画で初の快挙となる作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門を受賞し、今年のアカデミー賞で最多受賞を記録した。

ポン・ジュノ監督作品「パラサイト 半地下の家族」アカデミー賞で4冠達成!外国語映画で史上初(総合)

ポン・ジュノ監督作品「パラサイト 半地下の家族」アカデミー賞で“作品賞”を受賞!アジア映画で初の快挙を達成

記者 : イ・イェウン