BLACKPINK、イギリス「SSE Live Awards」で今年のイベント&ベストグループ賞を獲得…2冠に輝く

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT
BLACKPINKが、イギリス・ウェンブリーSSEアリーナ(The SSE Arena、Wembley)が主管した授賞式で、2019年最高のグループで最も印象的な公演の主人公に選ばれた。

ウェンブリーSSEアリーナは10日(現地時間)、公式SNSを通じて「SSE Live Awards 2019」受賞者を発表した。

BLACKPINKはこのリストで、「ベストグループ(BEST GROUP)」に選ばれたのに続き、「今年のイベント(EVENT OF THE YEAR)」賞まで2冠を獲得する喜びを味わった。

「今年のイベント」は、ベスト・スポーティング・イベント(BEST SPORTING EVENT)、ベスト・ライブ・エンターテイメント(BEST LIVE ENTERTAINMENT)、ベストグループ(BEST GROUP)、ベストソロアーティスト(BEST SOLO ARTIST)の4つの分野を網羅して授与する賞である。「SSE Live Awards」の事実上最も大きい賞である。

BLACKPINKを呼んだ発表者は、「2019年のK-POPは、尋常ではない瞬間を持った。早い時間からウェンブリーSSEアリーナに並んだ多くのファンたちは、BLACKPINKの成功的なステージを確実なものにした」と伝えた。彼はまた「(BLACKPINKの公演があった)その日の夜は、確実に覚えておかなければならない夜だった」とし、BLACKPINKの公演を振り返った。

BLACKPINKは昨年5月22日、イギリス・ロンドンのウェンブリーSSEアリーナで、公演「BLACKPINK 2019 WORLD TOUR with KIA IN YOUR AREA」を開催した。ウェンブリーSSEアリーナは、“ポップの伝説”ビートルズからアバ、ビヨンセなど、世界の有名ミュージシャンたちが立ったステージだ。

BLACKPINKは、世界的に権威のある評論家たちから注目を集め、K-POPの存在感を高めている。「E! People's Choice Awards 2019」3冠をはじめ、有力音楽評論誌「ピッチフォーク」が選んだ「今年のミュージックビデオ」で14位、ビルボード記者たちが選んだ「今年の歌 TOP 100」で66位、アメリカ文化芸術界マガジン「PAPER」が選んだ「今年の曲」で1位、グローバル音楽専門誌「トラックリスト」の2019年「世界最高のミュージックビデオ」で1位、イギリスのファッション誌「GQ」が選んだ「今年最高の曲10曲」(「The biggest、boldest songs of 2019」)などに名を連ねた。

BLACKPINKは現在、ニューアルバムの準備に取り組んでいる。

記者 : ソン・ミギョン