防弾少年団 ジミン、冬休み中にこっそり…後輩のため母校に1,200個の机を寄付

Newsen |

防弾少年団 ジミンが、母校の後輩たちのために寄付を行った。

本日(10日)関係者によると、ジミンは最近、母校の釜山(プサン)芸術高等学校の全校生徒のために1,200個の机を寄付した。後輩たちを思う気持ちで行った寄付だが、自身が寄付者であることを知らせずに、冬休み中にこっそり机を交換するよう頼んだという。

これに関連して、防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメント側はこの日、Newsenとの取材で「アーティストの個人的な活動を確認するのは難しい」と明らかにした。

ジミンが後輩たちのために寄付したのは、今回が初めてではない。彼は2018年2月に行われた釜山回東(フェドン)小学校卒業式で、全校生徒に直接サイン入りの防弾少年団のアルバムをプレゼントした。

これにとどまらず、自己負担で中学校進学を控えている卒業生たちに、冬夏服の制服代を支援した。当時、所属事務所側はNewsenとの取材で「(回東小学生の生徒たちに)ジミンのサイン入りCDを渡し、一部の卒業生に制服をプレゼントした」と明らかにした。

ジミンは昨年5月、釜山広域市教育庁に教育寄付金1億ウォン(約900万円)を預けた。

釜山広域市教育庁は「ジミンの寄付金は、釜山芸術高と錦絲(クムサ)小学校、金谷(クムゴク)中学校、甘泉(カムチョン)中学校、釜山鎮(プサンジン)女子商業高校など、釜山地域の16校の低所得層の生徒たちに支援する」と明らかにした。

ジミンは会合小学校と輪山(ユンサン)中学校、釜山芸術高等学校出身だ。

ジミンが所属する防弾少年団は21日、4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」を発売する。

続いて4月、新しいスタジアムツアー「BTS MAP OF THE SOUL TOUR」のスタートを切る。防弾少年団は、韓国、アメリカ、カナダ、日本、イギリス、オランダ、ドイツ、スペインなど18都市38回の公演を確定し、今後追加ツアー公演の計画を発表する予定だ。

防弾少年団 ジミン、ダンス練習の動画を公開…柔軟性&セクシーさをアピール

防弾少年団 ジミン、アメリカ版「覆面歌王」からラブコール…ダンスに続き歌唱力にも絶賛の声

記者 : ファン・ヘジン