SECHSKIES ウン・ジウォンから防弾少年団 ジンまで…童顔すぎるアイドル7人に注目!

Newsen |

写真=Mnet「TMI NEWS」放送画面キャプチャー
SECHSKIES ウン・ジウォンが年齢を感じさせない童顔アイドルスター1位を獲得した。

最近韓国で放送されたMnet「TMI NEWS」にはインターン記者としてGolden Childのジャンジュン、ジュチャン、ボミンが出演し、「若いのに大人っぽい雰囲気を漂わせるアイドルBEST7」と「いつまでもキュートな魅力を漂わせるアイドルBEST7」が公開された。

まず、見た「若いのに大人っぽい雰囲気を漂わせるアイドルBEST7」の1位は、I.O.I出身チョン・ソミだった。昨年ソロデビューを果たしたチョン・ソミは、172cmという圧倒的なスタイルとはっきりとした目鼻立ちで、GOT7のミュージックビデオに出演した14歳の時から、並外れた魅力を醸し出していた。19歳であるにも関わらず、その成熟した雰囲気で29歳に間違えられたこともあるというチョン・ソミは、今年ついに成人になった。

2位は、Apinkのオ・ハヨンが選ばれた。リーダーのパク・チョロンより5歳年下のオ・ハヨンは、中学生の時から成熟した容姿のため、ファンまで中学卒業式の横断幕のフレーズに「大学卒業ではない」と冗談を書いたほどだった。

3位は、メイクで大人っぽさをグレードアップしたMAMAMOOのファサだった。JYPエンターテインメントのパク・ジニョンにも負けない致命的な魅力をアピールしたファサは、20歳のデビュー当時もメンバーたちの間で、最年長のようなカリスマ性を見せた。しかし、メイクを落とすと、ギャップのある清純さを見せ、ファンたちの間では本名のヘジンとアギ(赤ちゃん)をかけ合わせた“ヘギ”という愛称も誕生した。

これを聞いたジャンジュンは、自身がボミンやジュチャンよりメイク前後に差があると言って、「ポロロ(韓国の人気キャラクター)が眼鏡を脱いだような印象だ。ファンの皆さんが傷つくかもしれない」と、自身の外見を評価した。

4位は、大御所アイドルのようなギャップのある魅力のNU'EST ベクホが選ばれた。デビュー当初に出演した放送で、チョン・ヒョンドンとDefconnが18歳のベクホに「1995年生まれではなく、1995年に大学入学したのではないか?」と言われたこともあり、ファンたちからも「中年の香りがする」と言うほど、並外れた成熟さを見せたベクホは、運動で鍛えられた筋肉で、成熟した魅力を更に披露している。

5位と6位は、それぞれキム・ヒョナとジョン・パクがランクインした。デビュー当時から並外れた成熟さを見せ、19歳のときにセクシーアイコンになったヒョナは、29歳になった現在、華やかなメイクの裏に清純な魅力を隠し、ギャップのある魅力でファンから愛されている。

また、「SUPER STAR K2」に出演当時、韓国の年齢で23歳だったジョン・パクは、冷麺好きで、少し抜けているキャラクターを披露し、以前よりも親しみやすいイメージで愛された。自分自身の人気の秘訣を「成熟さ」だと明かしたSUPER JUNIORのキュヒョンは、7位を獲得した。

MCのチョン・ヒョンムとチャン・ドヨンは、成熟した雰囲気の末っ子Golden Child ボミンに注目した。ジュチャンは「練習生の時はニコニコ笑って、顔に笑顔が絶えなかったけれど、最近は変わった」とし、ボミンについて暴露し、ボミンは自身が一番大人っぽいと思った時のエピソードとして、最近大学の授業料を自身で支払ったことを挙げた。

2つ目は「いつまでもキュートな魅力を漂わせるアイドルBEST7」だった。待望の1位は、今年43歳になったSECHSKIESのウン・ジウォンだった。チョン・ヒョンムより1歳年下のウン・ジウォンは、35歳のときに「応答せよ1997」で高校生役を務めたほどだ。当時15歳年下のApink チョン・ウンジと同い年を演技したが、全く違和感がなかった。

2位は、並外れた童顔を持つSUPER JUNIOR ヒチョルだった。オーディションに30分遅れたが、顔で合格したというエピソードがあるほど、かつてからイケメンなビジュアルを誇ったヒチョルは、今年38歳だが21歳の時と変わらないビジュアルで注目を集めた。この日の放送では、EPIK HIGHのMITHRAと同い年、カン・ヒョンウクより2歳年上であることが公開され、人々を驚かせた。

3位は、絶対童顔の元2NE1のDARAが選ばれた。2NEのデビュー当時16歳だった最年少MINZYと10歳差があったDARAは、一緒に撮影している俳優たちが負担に思うほど、変わらない童顔な美貌を誇った。現在、DARAは37歳だ。

Golden Childのボミンは、自身の母親も童顔だと明かした。ボミンは「母親とたまにカフェに行くと、彼女かと聞かれる」と言った。また、チョン・ヒョンムとチャン・ドヨンは、ボミンの母親が1979年生まれということに驚きを表した。

4位は、少女時代のリーダーからソロボーカリストとして成長したテヨンだった。信頼して聴く歌手という肩書を持つテヨンは、今年32歳で、小柄なスタイルと色白の肌で、13年前と変わらないビジュアルをアピールしている。番組ではカリスマ性あふれるCheetahや元SISTARのヒョリンより年上であることが公開され、注目を集めた。

5位は、今年31歳のEXO シウミンが選ばれた。デビュー当初、女優のソヒにそっくりの外見で注目を集めたシウミンは、デビュー当時から相変わらず末っ子に誤解されるほどの童顔を維持している。6位は自身より8歳若い最年少イェリと、全く年齢差を感じさせないRed Velvetのアイリーンが選ばれた。アイリーンは今年30歳だ。

7位は、29歳の防弾少年団 ジンが選ばれた。22歳のデビュー当時にもあどけない顔だったジンは、最年少のジョングクとは5歳差で、カリスマラップを披露しているRMとJ-HOPEより2歳年上だ。昨年の年末授賞式で「Boy In Luv」でジンは制服姿を披露して、童顔を証明した。

「僕を溶かしてくれ」Golden Child ボミン、胸をときめかせる率直な年下男性を演じる

Golden Child ボミン、初の「ミュージックバンク」収録を終えた感想を伝える“MCになれて光栄だ”

記者 : イ・ハナ