映画「コール」パク・シネ、過去最高の変身を予告“これまでに挑戦したことのないジャンル”

TVREPORT |

写真=NEW
女優パク・シネがミステリースリラー映画「コール」を通して過去最高クラスの演技変身を予告する。

「コール」でパク・シネは20年前、同じ家に暮らしているヨンスク(チョン・ジョンソ)と偶然、電話一通でつながった後、過去を変えようとする人物を演じる。パク・シネは時々刻々と変化する状況によるヘアスタイル、衣装など、外見の変身はもちろん、繊細な感情変化まで完璧に表現し、強烈な存在感で映画を引っ張っていく予定だ。

「これまでに挑戦したことのないジャンルで、ソヨンのキャラクターが魅力的だったため『コール』を選びました」というパク・シネは「ソヨンは私がこれまで演じてきた正義正しいキャラクターとは異なる面を持っているためとても新しく、演じていて楽しかったです」と明かした。

イ・チュンヒョン監督は「パク・シネは経験が多く、しっかりとしたところを持つ女優だ。『コール』で中心となって映画をリードしたため、彼女がジャンル映画もこなせることを証明するだろう」とし、今回の映画を通してパク・シネの演技変身をより期待させる。

過去と現在、お互い異なる時間帯を生きている二人の女性が、一通の電話でつながることで繰り広げられる物語を描いたミステリースリラー「コール」は、韓国で3月に公開予定だ。

記者 : チョ・ヘリョン