「クローゼット」キム・ナムギル“全てすればするほど上手になる…ドラマ、映画を問わず多くのことに取り組みたい”

MYDAILY |

写真=CJエンターテインメント
映画「クローゼット」の主役キム・ナムギルが“人気俳優”の品格を見せた。

キム・ナムギルは最近、ソウル鍾路(チョンノ)区昭格洞(ソギョクドン)のカフェにて、マイデイリーとのインタビューを進めた。

「クローゼット」は、引っ越した新居で娘のイナ(ホ・ユル)が跡形もなく消えた後、娘を探すために乗り出した父親サンウォン(ハ・ジョンウ)のもとに事件の秘密を知っている謎の男ギョンフン(キム・ナムギル)が訪れ、繰り広げられるミステリアスなストーリーを描く。

今年最初のミステリーホラー映画であり“人気俳優”ハ・ジョンウとキム・ナムギルの出会いで、映画ファンの注目を集めている。

特に昨年ドラマ「熱血司祭」で「SBS演技大賞」の大賞に至る8冠を達成したキム・ナムギルは「クローゼット」でギョンフン役を担い、その熱気を継続する見通しだ。

キム・ナムギルが演じたギョンフンのキャラクターは、長い時間にわたり行方不明の子供の行方を追う人物である。クローゼットの謎を解明するため、サンウォンに接近し、彼が打ち明けるクローゼットの真実はイナの失踪を新たな局面へと導く。

キム・ナムギルは演技だけでなく、腕に刻まれたタトゥーの模様、不思議な雰囲気を醸し出すメガネなど、キャラクターの外的な部分と、ワイヤー演技のようなディテールの状況的設定まで直接、数々のアイデアを出して、高いシンクロ率で役どころを完成させた。

この日の席でキム・ナムギルは、「クローゼット」への出演について「もともとホラー 映画をよく見ないので、そのような部分で悩みましたが、以前、ホラー映画を作る方が、撮影する時に面白いという話をしていたことを思い出しました。一般的に同じだという話をしました。実際に撮ってみると、(先を)知っていて撮るので怖くありませんでした」と話し始めた。

続いて「最初からハ・ジョンウ兄さんと話していたのが、大げさにホラー映画を作らないことでした。過度に驚いたり恐ろしい表情をつくったりすることはやめようと話しました」とし「兄さんと常にそんな話をしました。作品をどのようにうまく作ったらいいのかという悩みでした。最終的には、人々にこのような素材に多くの関心を持ってもらうようにするには、うまく作ること、それしかありません。多くの人が共感できたら、拡張することができると考えました。それで『クローゼット』を単にジャンル的な部分に偏らせないように、思いを一つにしました」と明らかにした。

彼は「ジャンル的な部分にカラーを持っていくのか、それとも社会告発的なものを追求するのか意見が分かれましたが、最終的には、このようなことは置いておいて、人の話をしようという意図がありました。ミステリーの原因は科学的に証明されていないことにあるというよりも、結局のところ、人から探しました」と共感度を強調した。

キム・ナムギルは「なのでこの映画は、無理やりやわざと驚かせる装置的な要素を使わないように気を使いました。(作品を見る人が)ビクビクしながらすっきりしない思いで見る気持ちを最大限に持たせないようにしようという話をしました」と付け加えた。

また彼は、退魔師ギョンフン役について「したことのないことをしてみたい気持ちでした。僕はホラーやミステリー、オカルトはしないだろうと思っていました。自信もありませんでしたし、僕が見るのが楽しくなければなりません。このようなジャンルを見ないため、表現することにおいて容易ではないだろうなという思いでした。しかし、ジャンル的な新鮮さのためにやってみたいという望みがあって、ちょうどハ・ジョンウとユン・ジョンビン監督から連絡が来ました。『クローゼット』が上手くいけば、今後このようなミステリー、オカルトジャンルへの投資が多くなるんじゃないだろうかと言っていました」と格別な思いを伝えた。

加えてキム・ナムギルは「幽霊を100%信じているわけではありませんが時折、悪寒が走る時があります」とし「他のことは分かりませんが、一人でエレベーターに乗るときに怖くて、階段で上がったりします。一人で大きく歌を歌いながらジャンプして行きます。そんなことを信じていたため、ホラー映画をよく見ることができませんでした」と話して、笑いを誘ったりした。

「クローゼット」への格別な愛情をアピールして、期待感を高めた。彼は「『クローゼット』は何かを説明しようとしていなくてよかったです。すっきりしてるなと思いました。俳優として、映画でもドラマでも名残惜しいのは仕方のない部分ですが、大きく引っかかる部分があまりなく、とてもよくやったと褒めてあげたい作品です」と明らかにした。

親しい年上俳優ハ・ジョンウとの初めての共演に対しては「兄さんは現場や外でも、にぎやかです。僕は本当にこの世でにぎやかなのが一番嫌いです。静かなのがいいです」と冗談を言って笑った。

キム・ナムギルは「演技をあのように適当にしてもいいのかなと思いました」といたずらっぽく話しながらも「しかし、その中で全体的なバランスが良いと思いました。すごいです」と絶賛を惜しまなかった。

また、キム・ナムギルは昨年の記録的な大賞獲得に対する率直な心境を明らかにした。彼は「正直に言って、大賞を受けたインスピレーションは、あまりありませんでした」と打ち明けた。

「僕に勇気をくれた仲間たちのおかげで賞を受賞しましたが、彼らの前でその労いをすることができるという意味自体が嬉しかったです」と語った。彼は「賞における意味が良いという思いが大きかったです」と謙遜した。

彼は「そのような意味で、今回の『熱血司祭』の受賞が『善徳女王』の時とは感慨が異なる感じです」とし「その後も結果論に振り回されない性格だと思いましたが、今振り返ってみると、過去にもたくさん揺れました。なぜなら若くもありましたし、作品を選ぶ選択基準や幅が多くありませんでした。今は多くのことに関して、心を楽にしました」と成熟した心構えを見せた。

キム・ナムギルは「僕も昔はたくさん執着しました。僕が出る映画は無条件で1000万人を超えなければならず、ドラマも無条件で視聴率がよくなければ……という欲がありました。また、このような悩みをたくさんしました。他の人は120点のものをしますが、僕もあの中に入りたいと。僕が120点のものをしても、120点で始めた人々は200点で仕上げるということを知りました。ずっと原因を外的部分でのみ探しました。賞を受けようと作品に取り組んだのではありませんが、過去に授賞式でノミネートされなかった時に『僕はなぜダメだったんだろう』と質問したことがあります。『興行成績がよくなかったから』という答えを聞いて、観客がたくさん入った作品に出た時も、僕は候補に上がることがありませんでした。当時は『どうしろというんだ』という心境でした。単に僕に魅力がなくてそうだったのに、そのように違うことのせいにしました」と本音を打ち明けた。

続いて「そのように成績に欲を出したのは、そうして初めて“次”があると考えたからです。今とは成功の基準が異なっていました。今は成功への執着よりも、責任につながっています。僕と(作品を)共にした仲間たちとスタッフ、僕が選んだ作品に対する責任です」と述べた。

彼は「必ず何かを見せなければならないという強迫観念に苦しめられた僕ですが、今はなくなりました。自分の意志ではなく、他意によって欲を捨てるようになりましたが、精神的に健康になるためには、僕が何に対する欲を捨てなければならないのかということを悟りました。欲を出しても僕の思いのままにすることができないことを感じるので、その中で最善を尽くすだけです。」と語り「かつては自分を責めたりもしましたが、幸いなのはいつも自信は満たされるほど持っていました。自分で不足していることを知っているので……そして、いろんなことを経験して、自然にぶつかってみたので、仕方なく僕の中で上手くできる部分を探して、欲を捨てるようになったのです」と述べた。

キム・ナムギルは「今は映画やドラマ、興行成績に対する負担感はありませんが、基本的に『恥ずかしくないように作ろう』という決意をつねに守ろうと努力しています。スタッフや同僚と集まった時、いつも言う言葉です。僕たちがお互いのフィルモグラフィーについて話した時に、誇らしげに言うことができるだけのものを作ろうということです。最近では、どれが正解かはよく分かりませんが、数値的なものよりも『良い作品を見た』ということが一番優先ではないかと思いました。だから大賞をいただいたとしても、変わったことは大きくありません。変わったことがあったとしたら、年を取ってしわが増えているぐらいだと思います」と伝えた。

最後に彼は「今後もドラマ、映画を問わず、多くのことに取り組みたいです。演技もそうですが、全てすればするほど上手になるから」とし「このような理由から、多くの作品に取り組んでみたいです」という願いを話した。

次回作については「チョン・ウソンの演出作『保護者』に出演します。ジャンルはノワールものです。新鮮でもあり、俳優として見せたいキャラクターなので、一緒にやってみたいという思いがしました」と語った。

記者 : キム・ナラ