AFTERSCHOOL ナナ、新ドラマ「出師表」で初の単独主演なるか?オファーを受け“検討中”

Newsen |

AFTERSCHOOL ナナが、「出師表」で初のワントップ主演を務めるのか。

ナナの所属事務所Pledisエンターテインメントの関係者は、4日Newsenの取材で「ナナがKBS 2TV新ドラマ『出師表』(演出:ファン・スンギ、脚本:ムン・ヒョンギョン)の出演オファーを受け、検討中だ」とコメントした。

「出師表」は、土のさじ(恵まれない環境で育った者を指す新造語で、親の七光りで育った者を指す金のさじの反対語)の区議員の契約職員であるセラが、左遷されたエリート事務官と手を取って、不良政治家を戒めるストーリーを愉快で痛快に描くコミカル政治ドラマだ。

ナナは、金もなくコネもないが、世の中を変えるという政治的野心一つで政治に入門するセラ役の出演オファーを受け、検討している。

ナナが昨年韓国で放送終了したKBS 2TVドラマ「ジャスティス」で息を合わせたファン・スンギPDと、再びタッグを組むか関心が高まる。

「出師表」は、シン・ハギュン&チョン・ソミン主演の「霊魂修繕工」の後番組として、韓国で今年下半期に放送される予定だ。

ナナは現在、映画「自白」の撮影に取り組んでいる。

記者 : パク・アルム