防弾少年団 V、ドラマ「梨泰院クラス」カメオ出演が不発に?“パク・ソジュンさんがダメだと言って…”

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
防弾少年団のVが親友パク・ソジュンの新作ドラマ「梨泰院クラス」に、カメオとして出演したかったというビハインドストーリーを公開した。

Vは2日、ファンコミュニティ「BTS Weverse」でパク・ソジュンを応援するため、撮影現場を訪問したと伝えた。

Vは「カメオとして出演するところだったんだけど……ハロウィンシーンの撮影時に応援しに行って、僕を含めて3人が仮面を被って、監督に僕たちと出演したいと話したんだけど、ヨンギュさん(パク・ソジュンの本名)が大事になるからダメだと言ったんです」と伝え、カメオ出演が不発になったエピソードを伝えた。

パク・ソジュンがピエロに扮装したセルフショットを実際に見るべきだと冗談を言ったVは、残念に思うファンのために「これでも?」と書き込み、サルの仮面を被って直接ハロウィン撮影現場を訪問した写真をアップした。

「『梨泰院クラス』のOST(劇中歌)を歌いたい」と話したことがあるVは、OSTに対するファンの質問には「自作曲が好きなドラマで流れたら、幸せでしょう」と、変わらない願いを伝えた。

続いて「このように話すことができるのも、まだ何も決定されたことがないからだ」と余韻を残した。

パク・ソジュンとVはチェ・ウシク、パク・ヒョンシク、Peakboyと共に“ウガファミリー”のメンバーで、誕生日パーティーはもちろんお互いの撮影現場にコーヒーのケータリングカーなどをプレゼントし、コンサート現場と試写会現場を訪れるなど、深い友情を築いている。

防弾少年団の4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」は2月21日に発売される。

防弾少年団 V、どんなファンションも完璧…クールな眼差しが印象的なセルフショットを公開

ソン・スンヨン、防弾少年団 Vとの親交を明かす「私のファンだと言ってその場で連絡先を…」

写真=BTS Weverse、JTBC「梨泰院クラス」

記者 : クァク・ミョンドン