“元老お笑い芸人”イム・ヒチュン、本日(2日)死去…享年87歳

TVREPORT |

元老お笑い芸人のイム・ヒチュン氏が死去した。

本日(2日)、TVレポートの取材結果、イム・ヒチュンはこの日老衰で死亡した。享年87歳。
イム・ヒチュンの葬式は仁川(インチョン)延寿(ヨンス)聖堂の葬式場で行われる。遺体は仁川家族追悼公園に葬られる予定だ。

イム・ヒチュンは1952年に演劇「東協」でデビューし、197~80年代のテレビコメディ番組「笑うと福が来ます」「古典ユーモア劇場」「明朗劇場」「ユーモア1番地」などで活躍した。

引退後、社団法人「大韓老人福祉後援回」を創立し、2010年には「2019大韓民国大衆文化芸術賞」授賞式で宝冠文化勲章を受賞した。

写真=T V朝鮮画面キャプチャー、映画「祝!童貞卒業」スチールカット

記者 : ソク・ジェヒョン