パク・シネ&チョン・ジョンソ主演映画「コール」3月に韓国公開決定…ミステリアスなポスター公開

TVREPORT |

写真=NEW
女優パク・シネ、チョン・ジョンソ主演の映画「コール」が韓国で3月公開を確定した。

「コール」は過去と現在、お互い異なる時間帯に生きている二人の女性が一本の電話でつながることで繰り広げられる物語を描いた映画だ。短編映画「Bargain」(2015)で世界有数映画祭を席巻したイ・チュンヒョン監督の長編デビュー作だ。

過去と未来がつながった電話一本ですべてが変わるという斬新な企画から出発した「コール」は、緊張感あふれる予測不可能なストーリー、個性あふれるキャラクター、スタイリッシュな演出まで従来のミステリースリラージャンルとは差別化された魅力をアピールする。

公開されたポスターは過去と未来を変えようとする二人の女性“ソヨン”(パク・シネ)と“ヨンスク”(チョン・ジョンソ)が対称をなしている姿に様々な象徴が加わり、目を引く。また、正体不明の線でつながったまま違うところを見ている二人の姿は、彼女たちの関係に対する関心と緊張感をもたらしている。

記者 : キム・スジョン