パク・ミニョン&ソ・ガンジュン、新ドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」キャラクターポスター公開

MYDAILY |

写真=JTBC
JTBC新月火ドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」のキャラクターポスターが公開された。

「天気が良ければ訪ねて行きます」は、ソウルでの生活に疲れてプクヒョンリに向かったモク・ヘウォン(パク・ミニョン)が、個人書店を運営するイム・ウンソプ(ソ・ガンジュン)と再会して繰り広げられる心温まる叙情メロドラマだ。予告映像とポスター公開で期待を引き上げている中、28日にヘウォンとウンソプの物語に対する好奇心を掻き立てるキャラクターポスターが公開された。

まず、雪が降る雪原の中のヘウォンの明るさが目を引く。人に深く傷つけられて心を凍らせてしまったヘウォンが、明るい笑顔を作って見せているからだ。これは一見冷たく見えるヘウォンも、その姿を奥底に隠しているだけで、明るく温かい面が内在されていることを推測させる。ここに加えられた「期待してもいい? あなたがいるそこに」というキャッチコピーには、実際には誰よりも人の温もりを望んでいるヘウォンの心が収められている。誰にも心を見せてこなかったヘウォンにも、春がやって来るのだろうか。

続いて、人に向けた視線がいつも優しいウンソプが見える。日差しを含んだような笑顔は、ヘウォンが頼りたいと思う、まさにその人であることを物語っている。その温かい笑顔に浸りそうになるその時、「期待してもいい? あなたがいるそこに」というキャッチコピーが目に入ってくる。ウンソプにとってヘウォンは、長い間心の中にだけ大切にしまってきた存在。そんな彼女がプクヒョンリに舞い降りて、ウンソプの日常に大きな変化が起こる予定である。静かに見守っているだけだった過去を後にして、今彼女に期待してもよいのか、長い冬の終わりに期待が高まる。

誰かに頼りたい女性ヘウォンと、期待している男性ウンソプの視線が重なるポスターを見ると、それぞれの望みがすぐに相手に伝わるようだ。お互いに向かって微笑んでいるように見える2人の姿が、温かさで溢れ出している。このように見るだけで心の平和が感じられるポスターに、“あなたがいるそこに”行くヘウォンとウンソプがどのような叙情ラブロマンスを描くのか、関心が高まる。

「天気が良ければ訪ねて行きます」は2月24日午後9時30分より韓国で初放送される。

記者 : イ・スンギル