防弾少年団「グラミー賞」でリル・ナズ・Xらと豪華コラボステージを披露

OSEN |

写真=recordingacademy Instagram
防弾少年団が「グラミー賞」で韓国歌手としては初めてステージを披露した。

26日(現地時間)、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスのステープルズセンターで「第62回 グラミー賞」が開催された。

特に防弾少年団は「グラミー賞」のステージに上がって爆発的な関心を集めた。昨年、授賞者として、韓国歌手としては初めて「グラミー賞」に参加した防弾少年団は、今年パフォーマーとして招かれ、もう一度韓国歌手として初の記録を打ち立てた。

防弾少年団はDiplo(ディプロ)、Mason Ramsey(メイソン・ラムジー)、Billy Ray Cyrus(ビリー・レイ・サイラス)らと共にラッパーLil Nas X(リル・ナズ・X)をメインにした特別ステージである「Old Town Road All-Stars」を披露した。

まず、銀色の衣装を身にまとったリル・ナズ・Xが一人登場して雰囲気を盛り上げた。次に防弾少年団がリル・ナズ・Xと「Old Town Road」を歌った。防弾少年団とリル・ナズ・Xは、一緒に振り付けを披露して、まるで同じグループのような姿を演出した。

続いて回転するセットの中で、順番にメイソン・ラムジー、ビリー・レイ・サイラスらが登場し、最後には皆で「Old Town Road」を熱唱した。

これに先立って、防弾少年団のリーダーRMは、昨年7月にリリースされたリル・ナズ・Xの「Seoul Town Road(Old Town Road Remix)」にフィーチャリングラッパーとして参加した。当時、RMはリル・ナズ・X側の提案で直接英語の歌詞を書いて歌った。今回の「グラミー賞」のステージでは、7人が一緒に「Old Town Road All-Stars」のステージに上がった。

また、防弾少年団は今回の「グラミー賞」でポップスタービヨンセ&ジェイ・Z夫妻の後、テイラー・スウィフトの隣の席に座った。昨年もグラミー賞を楽しむ姿を見せた防弾少年団は、今年も人気ポップスターたちの中で存在感を見せつけ、カメラにキャッチされた。

防弾少年団「グラミー賞」のレッドカーペットに登場…“ファンは僕たちの全て”

防弾少年団、パフォーマンスの練習中?ステージへの期待高まる近況ショット公開

記者 : キム・ウネ