防弾少年団「グラミー賞」のレッドカーペットに登場…“ファンは僕たちの全て”

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント ※昨年の「グラミー賞」の写真
防弾少年団が2年連続で「グラミー賞」に出席した。

26日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスのステープルズセンターで「第62回グラミー賞」が開かれた中、本格的な授賞式に先立ってレッドカーペットが行われた。

防弾少年団は、授賞式の開始まで残り20分を残して、レッドカーペットのインタビュースポットに立った。7人のメンバー全員がカッコいい冬のコート姿でダンディーな魅力をアピールし、個性あふれるスタイルで人々の視線を奪った。

防弾少年団は、昨年「グラミー賞」に授賞者として初めて参加して話題を呼んだ。今回はパフォーマーとして名を連ねて、韓国国内外の音楽ファンたちの期待を一身に集めている。Billy Ray Cyrus(ビリー・レイ・サイラス)、Diplo(ディプロ)、Lil Nas X(リル・ナズ・X)、Mason Ramsey(メイソン・ラムジー)らと共に「Old Town Road All-Stars」のステージを飾る予定だ。

司会者が授賞式を控えた感想を尋ねると、リーダーのRMは「本当に楽しいです。緊張しているけれど、とても楽しみです」とコメントした。続いて防弾少年団の写真をSNSに掲載したアリアナ・グランデに対する質問に対し、RMは「アリアナ・グランデは最高です。僕たちが練習する姿を彼女は見ていたし、僕たちも彼女(の練習)を見ていました。本当に驚きでした」と賞賛した。

最後に司会者は、世界中の多くのARMY(防弾少年団のファン)は、防弾少年団にとってどんな存在かと尋ねた。するとジョングクは「我々のすべて」と答え、メンバーたちの共感を得た。これを見た韓国国内外のARMYたちは、もう一度防弾少年団のファンへの愛情に感激した。

また、J-HOPEは3月に新たにリリースするニューアルバムに対して「ステージを観ていただけたら分かると思いますが、防弾少年団がまた最高のものを持って帰ってきたと感じていただけると思います」と自信満々に答えた。RMも「詳しく説明することはできませんが、何を期待しても、それよりもっと良く素晴らしいものをお見せする予定です」と説明した。

続けてRMは、「私たちはいつも韓国語で歌詞を書いています。今回も同じです。もちろん英語の歌詞も入っています」と言及し、ファンの期待を高めた。これに対して司会者が「RMはいつも格好いい答えを言いますが、メンバーたちは不満に思った事はありませんか?」と尋ねると、メンバー全員が「ネバー(決して)」と口を揃え、和やかな雰囲気を醸し出した。

この日の「グラミー賞」には、ショーン・メンデス、マギー・ロジャース、ジョナス・ブラザーズ、ジョン・レジェンド、オジー&ケリー・オズボーン、ハイディ・クルム、アリアナ・グランデ、H.E.R、アッシャー、ボニー・レイット、スモーキー・ロビンソン、ビリー・アイルランド、リゾ、DJキャレドなど、超豪華ポップスターたちが勢揃いする。

防弾少年団、パフォーマンスの練習中?ステージへの期待高まる近況ショット公開

防弾少年団との再会に大興奮!アリアナ・グランデが記念ショット公開「リハーサルでバッタリ」

記者 : キム・ウネ