「アイドル陸上大会」Golden Child、今年も金メダル獲得なるか?活躍に期待

OSEN |

写真=Woolimエンターテインメント
「2020 正月特集アイドルスター選手権大会」に参加したGolden Childがe-スポーツ種目で大活躍した。

韓国で25日に放送されたMBC旧正月特番「アイドル陸上大会」では、Golden Childのイ・デヨル、Y、ジボム、ジュチャンがe-スポーツにチャレンジした。

これに先立って行われたe-スポーツサッカーゲームで華麗なプレーでATEEZを抑えて予選B組2位で準決勝に上がったGolden ChildのYとジボムは優勝候補であるPENTAGONと対決し、決勝戦にも負けない名勝負を繰り広げたが、強敵を抑えきれず、敗北してしまった。

続いたe-スポーツサバイバルシューティングゲームソロ試合では、錚々たる優勝候補たちを相手に“尊重しながら辛抱する”作戦を繰り広げたGolden ChildのYが、最終生存者3人になり、メダル獲得に近づいた。メダルの色を決める最後の瞬間、シューティングゲームのエースWanna One出身パク・ジフンと対決し、緊迫した試合を行ったYは、パク・ジフンの一発に負け、最終3位にとどまった。

シューティングゲームソロ試合で銅メダルを獲得したYは25日、所属事務所であるWoolimエンターテインメントを通じて感想を述べた。Yは「実はゲームがものすごく好きなのですが、好きなだけに上手だと思ったことがないです。でも一生懸命頑張ったおかげで、思いもよらなかったメダルを取ることができてとても嬉しいです」と述べた。

2018年旧正月特番「アイドル陸上大会」に初めて出演したGolden Childは、エアロビクス、60m競走、アーチェリー、足球、PK、シルム、e-スポーツ、400mリレーまで参加した全種目で金メダル5つ、銀メダル3つ、銅メダル4つを獲得し“Golden Child”という名前に負けない成績を収めた。

特に400mリレーでは、4連続金メダル獲得という記録を立て、今回も予選を軽く通過し本日(26日)の放送でも金メダルを獲得することができるかに期待が高まっている。

続くGolden Childの活躍ぶりは、27日午後5時に韓国で放送されるMBC「2020 正月特集アイドルスター選手権大会」第3部にて確認することができる。

Golden Childは29日、1stフルアルバムのリパッケージアルバム「Without You」でカムバックする。

記者 : パク・ソヨン