「アイドル陸上大会」第2ラウンド…Wanna One出身ハ・ソンウンがeスポーツで大活躍

TVREPORT |

写真=「アイドル陸上大会」 放送画面キャプチャー
gugudanと宇宙少女、MONSTA XとNCT DREAMが「アイドル陸上大会」のアーチェリー決勝戦に進出した。

Golden ChildはPK戦でベスト4入りを果たし、THE BOYZのチュ・ハンニョンとJBJ95の高田健太は、乗馬で熾烈な戦いを予告した。また、Wanna One出身ハ・ソンウンはeスポーツの全競技で金メダルを獲得する活躍を見せた。

25日に韓国で放送されたMBC旧正月特番「アイドル陸上大会」では、男女アーチェリー団体準決勝、PK戦準々決勝、乗馬準々決勝と準決勝、eスポーツ・サッカーゲームの準決勝と決勝、eスポーツサバイバルシューティングゲームの個人戦&チーム戦が行われた。

まず、女子アーチェリー団体戦の準決勝ではgugudanとITZY、OH MY GIRLと宇宙少女が対決した。gugudanは連続で高得点を獲得し、合計93点という好成績でITZYに勝利した。

OH MY GIRLのユアは残念なミスで一発目は0点となった。宇宙少女は、中央のカメラレンズを当てて10点を獲得したボナの気運を受けて合計86点を記録し、決勝戦に進出した。

男子アーチェリー団体準決勝では、Stray KidsとNCT DREAM、MONSTA XとSF9が対決した。NCT DREAMは初出場であるにもかかわらず、抜群の実力を披露し、MONSTA Xと男子アーチェリー決勝戦に進出した。

その後、Golden ChildとONFのPK戦準々決勝が行われた。ONFが3対2で逆転したが、Golden Childのボミンが3対3の同点を決め、ゴールキーパーらがPK戦に挑戦する延長戦に入った。

そしてGolden Child スンミンが延長戦でゴールを決め、ONFのMKが蹴ったボールを止めてGolden Childの準決勝進出を導いた。

乗馬の準々決勝にはTHE BOYZ チュ・ハンニョン、Pink Fantasy アラン、MOMOLAND ヘビン、(G)I-DLE ウギ、宇宙少女 ダヨン、South Club ナム・テヒョン、OnlyOneOf ジュンジ、JBJ95 高田健太の8人が出場した。その結果、準決勝に進出したのはチュ・ハンニョン、ヘビン、ダヨン、高田健太だった。

続いた準決勝では、チュ・ハンニョンが「アイドル陸上大会」の乗馬参加者の中で初めて満点を獲得し、決勝に進出した。その後、高田健太も決勝に進出し、二人は抜群の乗馬の実力で金メダルをめぐって熾烈な競争を予告した。ダヨンはヘビンとの3位決定戦で勝利し、銅メダルを獲得した。

eスポーツ・サッカーゲームの準決勝と決勝戦も放送された。準決勝ではPENTAGONとGolden Child、SF9とキム・ジェファン&ハ・ソンウン(連合チーム)がそれぞれ対決した。決勝戦に進出したのはPENTAGONとキム・ジェファン&ハ・ソンウンだった。特にキム・ジェファン&ハ・ソンウンチームはSF9との対決で5対0で完勝した。

PENTAGONとキム・ジェファン&ハ・ソンウンが決勝に進出した中、決勝戦でキム・ジェファン&ハ・ソンウンは完璧なチームプレーを披露した。二人はPENTAGONを2対0でおさえて優勝した。

ハ・ソンウンはeスポーツ・サッカーゲームに続き、サバイバルシューティングゲーム・個人競技でもパク・ジフンと熾烈な競争を展開した末に金メダルを獲得した。その後ハ・ソンウンは、キム・ジェファン、パク・ジフン、AB6IX イ・デフィと連合チームで参加したサバイバルシューティングゲーム・チーム戦でも優勝し、eスポーツの全競技で金メダルを獲得した。

「アイドル陸上大会」の最終結果が分かる第3ラウンドは、1月27日の午後5時に韓国で放送される。

記者 : キム・ミンジ