ジェジュン、ギプス姿でグラビア撮影…ニューアルバムへの思い語る「新しい姿を見せたかった」

OSEN |

写真=DAZED
ジェジュンがカムバックを控え、率直な思いを打ち明けた。

ファッション雑誌「DAZED」は、2020年2月号を通じてジェジュンの写真集とインタビューを公開した。

ジェジュンは14日、ニューミニアルバム「愛謡」を発売し、4年ぶりにカムバックした。続いて18日と19日の両日、慶煕(キョンヒ)大学平和の殿堂でコンサート「2020 KIM JAE JOONG Asia Tour Concert」を開催し、本格的にアジアツアーのスタートを切った。

これに先立ち、ジェジュンは「DAZED」とのインタビューグラビアを通じて、これまでの近況を伝えた。

彼は最初に、バラード曲をタイトルに掲げた今回のアルバムについて「4年ぶりのニューアルバムということでファンの期待が大きいのに、落ち着いたバラードなので失望しているのではないかと心配した」と話し、「ただ、僕自身の新しい姿を見せたかった」と説明した。

また「2月中に韓国で放映予定の旅行番組『Travel Buddies』の撮影のために先月、アルゼンチンに行ってきた。『地球の反対側で僕を応援してくれる人がまだこんなにも多いんだ』と思って、驚いた」と話してグローバルアーティストとして一面を誇った。

特に、グラビアでジェジュンは手を負傷しているにもかかわらず、完璧なプロポーションとビジュアルを誇っていて目を引く。フラワープリントシャツを着て少年らしい姿を見せたり、ベーシックなブラックのノースリーブトップスを着て筋肉をアピールするなどして、男らしい姿も披露している。

全身カットはもちろん、クローズアップカットでは多彩な表情を見せているジェジュンのプロフェッショナルな姿が目立っている。さらに撮影中には、彼特有の明るいエネルギーで撮影現場の雰囲気を盛り上げたという。

ジェジュン、ニューアルバム「愛謡」初動売上が10万枚を突破!世界22ヶ国のiTunesアルバムチャート1位に

ジェジュン、旅行番組「Travel Buddies」アルゼンチン編のスチールカットを公開…優れたビジュアル

記者 : チ・ミンギョン