防弾少年団、カムバック前に米「ビルボード200」で再上昇…史上最多1位の記録が目前

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
防弾少年団がカムバックを控えてビルボードのメインアルバムチャートで逆走行した。

22日(現地時間)、米ビルボードが発表した最新チャートによると、昨年4月に防弾少年団が発売した「MAP OF THE SOUL:PERSONA」が「ビルボード200」で172位を記録した。

これは先週記録した176位から小幅上昇した順位で、ニューアルバムの発売を控えた今でも人気を見せている。このアルバムは4月27日付の「ビルボード200」に1位で初めてランクインした後、22回連続、通算34回チャートにランクインした。

また「MAP OF THE SOUL:PERSONA」は「ワールドアルバム」1位、「インディペンダントアルバム」18位、「トップカラントアルバム」21位、「トップアルバムセールズ」30位など、各種チャートの上位圏を総なめにし、人並外れた存在感をアピールしている。

それだけでなく、防弾少年団は「ソーシャル50」で132週連続トップの座を守るなど、計162回1位で自己最長記録を維持しながらビルボード史上最多1位の記録を目前にしている。

防弾少年団は、2月21日に4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」を発売する。

記者 : チョ・ヘリョン