CJ ENM、X1の一部ファンによる大規模デモにコメント「解散に責任を感じる…今後も積極的に支援する」

Newsen |

X1の解散発表後、X1の一部ファンがCJ ENMに責任と補償を要求するデモを行ったことに対し、CJ ENMがコメントを発表した。

CJ ENMは22日午後、Newsenに対し「X1が解散したことを非常に残念に思い、責任を感じる」と伝えた。続けて、「CJ ENMはこれからもX1のメンバーらの活動を積極的に支援する」とコメントした。

X1のファンを代表する「X1新グループ支持連合」は、本日(22日)の午前11時から約3時間に渡り、ソウル麻浦(マポ)区にあるCJ ENM本社前で、デモを行った。この日行われたデモに参加するために集まった1000人余りのファンは「X1メンバーの今後の活動を補償し、被害者であるメンバーの責任を担ってほしい」と主張した。

昨年放送されたMnet「PRODUCE X 101」を通じて結成されたX1は、アン・ジュニョンプロデューサーなど、制作陣の投票操作の疑いが事実と判明し、その後CJ ENMならびにメンバーの所属事務所の代表者との話し合いにより、X1の解散が決定した。

解散発表後、「X1新グループ支持連合」はCJ ENMと各事務所に、グループ活動を希望するX1のメンバーらのみで構成された新グループの結成を要求した。

同連合は「CJ ENMの『PRODUCE X 101』操作問題で罪のないメンバーは活動期間中、批判の対象にならざるをえず、本人たちの意思を黙殺した一方的な解散の通知を受けなければならなかった」とし、CJ ENMが新しいグループの結成でメンバーが被った被害を補償すべきだと主張した。

X1の一部ファン、CJ ENM本社前でのデモを予告…活動を希望するメンバーによる新グループ結成を要求

X1、解散を電撃発表…各事務所9社がコメント「本日協議も合意に至らず」(公式)

記者 : ファン・ヘジン