「浪漫ドクターキム・サブ2」アン・ヒョソプ、イ・ソンギョンからの心配に強がり“僕のことは気にしないで”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「浪漫ドクターキム・サブ2」キャプチャー
アン・ヒョソプはヤミ金に手を出したことがイ・ソンギョンにばれたが、強がってみせた。

21日に韓国で放送されたSBS「浪漫ドクターキム・サブ2」第6話(脚本:カン・ウンギョン、演出:ユ・インシク、イ・ギルボク)でチャ・ウンジェ(イ・ソンギョン)はソ・ウジン(アン・ヒョソプ)がヤミ金業者によって苦しんでいることを知った。

チャ・ウンジェは早朝、偶然ソ・ジンを追いかけるヤミ金業者の車を止め、そのヤミ金業者が誰か知った。チャ・ウンジェはソ・ウジンに「車に乗ってた人、病院であなたを訪れた人だよね? もしかして脅迫されてるの? 実は私、あの夜あなたを見たの。あなたがその人たちと一緒にいるところ」と言った。

続けてチャ・ウンジェが「ヤミ金業者、なんかそういう人だよね。警察に通報して。職場までくることは違法な取り立てだと言われた。二度とあなたを苦しめられないよう全部通報して。脅迫も暴力と同じ……どんな状況でも許せない犯罪行為」と言うと、ソ・ウジンはチャ・ウンジェを妙な表情で見た。

チャ・ウンジェが「どうして」と聞くとソ・ウジンは「僕のことが好きか?」と問い返した。チャ・ウンジェが「変な奴。何言ってるの?」と戸惑うと、ソ・ウジンは「そうじゃなければ前に出るな。僕のことは自分でやるから気にしないで」と強がってみせた。しかし、その後、一人残されたソ・ウジンは、チャ・ウンジェに自身の状況がばれたことで途方に暮れる姿で葛藤をあらわにした。

そして同日の放送の最後にチャ・ウンジェは家庭内暴力を防ごうとしていたところ、刃物で刺され危機に瀕した。その光景を目撃したソ・ウジンが驚愕するシーンが登場し、ドラマに緊張感を与えた。

記者 : ユ・ギョンサン