GFRIEND、ニューアルバム「回:LABYRINTH」 トラックリストを公開…豪華プロデューサーが作業に参加

MYDAILY |

写真=SOURCE MUSIC
GFRIENDがニューアルバムのトラックリストを公開して、カムバック間近であることを発表した。

GFRIENDは本日(22日)夜12時、公式SNSチャンネルを通じてミニアルバム「回:LABYRINTH」のトラックリストを公開した。

公開されたトラックリストによると、「回:LABYRINTH」は「Labyrinth」を皮切りに、「Crossroads」「Here We Are」「Eclipse」「Dreamcatcher」「From Me」まで、計6つのトラックが含まれている。また、タイトル曲とクレジットの一部が一緒に公開された。

タイトル曲は「Crossroads」で、「Sunrise」「Time for the moon night」などで呼吸を合わせたノ・ジュファン、イ・ウォンジョンが再びGFRIENDと意気投合した。

特に、Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表を筆頭に、ADORA、FRANTSなど、Big Hit師団のプロデューサーがアルバム作業を一緒にし、GFRIENDの音楽叙事を拡張させた。パン・シヒョク代表は、アルバムの始まりと終わりを飾る最初のトラック「Labyrinth」と最後のトラック「From Me」の歌詞作業に参加した。

それだけではなく、キム・ヨンソ、キム・ジョンウ、ダウン、minGtion、チョン・ホヒョン(e.one)、チョ・ユンギョン、Carlos K、Jeina Choi、Sophia Pae、13など、国内外の有名プロデューサーらが大勢合流し、アルバムの完成度を高めた。

先立ってGFRIENDは、歴代のアルバムの過去の話を見せてくれた「A Tale of the Glass Bead:Previous Story」を通じて、少女たちの姿を見せてくれただけに、今回のアルバムにはどのようなメッセージが盛り込まれているのか期待を集めている。

GFRIENDの新しいミニアルバム「回:LABYRINTH」は、SOURCE MUSICとBig Hitエンターテインメントが協力して作成した初めての作品で、音楽、パフォーマンス、ビジュアルコンテンツなど過去最高の相乗効果をもたらす見込みだ。

GFRIENDは2月3日、ミニアルバム「回:LABYRINTH」をリリースする。

記者 : ヤン・ユジン