UP10TION イ・ジニョク「ユ・ジェソク先輩のトーク力をお手本にしている…様々な分野で活躍したい」

TVREPORT |

写真=「Singles」
UP10TION イ・ジニョクが「今年最も成功しそうなねずみ年のアイドル」としてグラビアを撮影した。

最近、ファッション誌「Singles」は「今年最も成功しそうなねずみ年のアイドル」に選ばれたイ・ジニョクのグラビアとインタビューを公開した。「センスあるインサ(インサイダーの略で、皆の人気者という意味の新造語)優等生の逸脱」というコンセプトで撮影されたグラビアで、イ・ジニョクはシックなビジュアルを誇った。

イ・ジニョクは「活動を始める度に、新しい姿を見せるべきだと思う。ステージはもちろん、グラビアでも引き続きイメージチェンジを図って、ファンの皆さんに多彩なイ・ジニョクの魅力を届けたい」と伝え、2020年の抱負を語った。

様々なバラエティ番組にレギュラー出演し、存在感を見せつけてバラエティ番組の最優先キャスティング候補に成長したイ・ジニョクは、バラエティ番組を上手くこなすために勉強をしたという。イ・ジニョクは「今の言葉使いや表現力も足りないと思うので、引き続き努力している。ユ・ジェソク先輩がお手本だ。小さいことも逃さず、状況別に対応する方法だったり、ウィットに富んだ言葉使いなど、MCとしての部分を中心に勉強した。今も未熟だけど、少しでも真似できるように努力している」と伝えた。

また「これまでお笑いタレントの方々やバラエティ番組で共演した方々からたくさん学ぶことができた。素晴らしい才能を持つ方々と共演しているので、それも幸運だと思う」と言い、多彩な分野で活躍したいと話した。

これまでたくさんのスケジュールをこなすことができた自身のケア方法として「強力な意志と温かいスープ、そして精神力」を挙げたイ・ジニョクは、「単に耐え抜きたいという理由よりは、勝負への執念を持って難しいことでも乗り越えたい」とし、「僕は野望が大きく、欲もあるほうだ。どんな分野であれ、どんな座であれ、何よりも真心のこもった内面に揺れがない、イ・ジニョクという名前の前に『さすが』という修飾語がつくアーティストになりたい。バラエティ番組、ステージ、ドラマまで幅広い分野でさらに勇敢に、大胆に挑戦していきたい」と抱負を語った。

記者 : チョ・ヘリョン