韓国のプロデューサー兼DJのNight Tempo「昭和グルーヴ」シリーズ2020年第1弾を発売!日本の女性デュオBabeの名曲をピックアップ

KSTYLE |

海外で巻き起こっているジャパニーズ・シティ・ポップのブームが日本のメディアを通じて伝わり始めている中、その象徴的な「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした立役者の一人=韓国のプロデューサー/DJのNight Tempo。

角松敏生とダフト・パンクをこよなく敬愛し、日本の80年代ポップスやアイドルの作品のカセット・テープ収集家にして、欧米で生まれたネット発の音楽ジャンル「フューチャー・ファンク」シーンの人気アーティストである彼が、昨年「昭和グルーヴ」シリーズと銘打ち、Wink、杏里、1986オメガトライブといった80年代に活躍したアーティストの名曲の数々を公式リエディットとしてリリース。

「フジロック・フェスティバル'19」の出演、そしてソールドアウト公演続出の全国6都市を周る来日ツアーで、どこか懐かしくも未体験の「ネオ昭和」ワールドへと誘った彼がシリーズ第4弾を自身の誕生日の2月14日(金)にリリース。

今回Night Tempoが取り上げたのは80年代後半に活躍した女性アイドル・デュオ、BaBe。元気はつらつな歌声とダンスで当時人気を博した彼女たちの2大ヒットをピック・アップ、オリジナルの良さを存分に生かした「昭和グルーヴ」へとアップデートしている。

1曲目の「 Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix)」のオリジナルは1987年リリースのデビュー・シングルで、オリコン最高位8位を記録。日本でも大ヒットしたイタリアのユーロビート・シンガー、マイケル・フォーチュナティーの大ヒット曲を日本語でカヴァー。BaBeのヴァージョンはフジテレビ系ドラマ「あまえないでョ!」主題歌(主演:斉藤由貴)になった。

2曲目はBaBeの2ndシングル「I Don't Know (Night Tempo Showa Groove Mix)」で、こちらも1987年発売。オリジナル曲で勝負しオリコン最高位5位をマーク。フジテレビ系月9ドラマ「アナウンサーぷっつん物語」の主題歌(主演:岸本佳代子)になった。この曲でBaBeは「第16回FNS歌謡祭」最優秀新人賞を受賞している。

発売日の2月14日(金)には東京ドームローラースケートアリーナで一夜限りのリリース・パーティーが開催決定。80年代に世界的に流行した「ローラーディスコ」をイメージした会場で「昭和グルーヴ」を踊り明かす一夜となるだろう。

また1月25日(土)には文化放送で特別番組「Night Tempo Diggin' retro」がオンエア。Night Tempo本人が登場して、お気に入りの昭和歌謡やシティ・ポップをDJミックスで紹介。この番組でNight Tempoリエディットの「Give Me Up」がオンエア解禁となる。

先日、台湾、香港で行ったライヴも大成功だったNight Tempo、オリンピック・イヤーとなる2020年も引き続き「ネオ昭和」を日本、そして世界へとキュレートしていく一年になりそうである。

■商品情報
「BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」
2020年2月14日(金)よりデジタル・リリース

【収録曲】
1. Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix)
2. I Don't Know (Night Tempo Showa Groove Mix)

■公演情報
「BaBe – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」リリース・パーティー
2月14日(金)東京ドームローラースケートアリーナ
詳しくはこちら:https://smash-jpn.com

■ラジオ出演情報
「文化放送サタデープレミアム Night Tempo Diggin' retro」
1月25日(土)18:00~18:57 オンエア
詳しくはこちら:http://www.joqr.co.jp

■関連サイト
公式サイト: https://nighttempo.com

記者 : Kstyle編集部