BIGBANGのSOL、700人のファンと共にフリーマーケットを開催「スタッフがマナーを褒めてくれた…本当に自慢のファン」

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT
BIGBANGのSOLが温かい心を込めたフリーマーケットを盛況裏に終え、善行を行った。意義深い現場は、SOLと彼のファンが作り出した感動と笑いにあふれた。

18日の午後12時から7時までソウル聖水洞(ソンスドン)PIER59スタジオでは「花答:SOLと友達が一緒にする寄付フリーマーケット&競売」が行われた。

同日、「花答」には1時間に140人ずつ5回に渡って事前に申し込んだ計700人が参加し、落ち着いた秩序ある雰囲気の中でイベントが行われた。スターたちのものが手頃な価格で陳列されているだけに、激しい争奪戦が行われるのではないかと心配されたが、これは杞憂だった。フリーマーケットに出席したファンたちは非常に成熟した姿を披露し、和気藹々とした雰囲気の中でそれぞれ選んだものを手にして微笑んだ。

1タイムを終える度にSOLの特別な愛蔵品の競売も行われた。SOLが着てステージに上がったり、ミュージックビデオ撮影時に使った、彼とファンの思い出が込められた愛蔵品だった。

SOLは除隊後、初めて近くで会うファンを一人ひとり見ながら挨拶した。彼は「除隊して2ヶ月ほどになったが、まだ実感が湧かない」とし「4月のコーチェラ・フェスティバルを準備しながら忙しく過ごしている」と近況を伝えた。

1タイムから5タイムまで計5点のSOLの愛蔵品が激しい競売を経て新しいオーナーの手に渡った。「価格を決めるのが難しいほどすべてが僕にとって意味のあるもの」と紹介したSOLは、専門MCに劣らない実力で直接競売を進行し、ファンと愉快にコミュニケーションした。

彼のファンへの愛情はより特別だった。SOLはファンに向かって手でハートを作って見せたり、サングラスを外してほしいという要請に快く応じ、写真を撮ってあげるなど、親近感溢れるファンサービスでファンは熱烈に歓呼した。

イベントを終え、控え室で会ったSOLは「ファンにこんなに近くで会えて感動した。特にファンの皆さんが積極的によいマナーを見せてくださって本当に感謝した。多くの関係者、スタッフの方々がファンの皆さんを褒めてくれて気持ちよかった。本当に自慢のファンだ」と感想を語った。

続けて「競売を進めてみたら予想外の結果が出て面白かった」とし「何よりもファンと良い方向へ一緒に行っていることが楽しくて胸がいっぱいだ」と喜んだ。

今回の行事には愛蔵品1300点を惜しげもなく出したSOLをはじめ、元2NE1のDARA、AKMU、WINNER、iKON、元2NE1のCL、IONEなど、同僚の歌手らが参加した。これと関連し、SOLは「良い機会だと、躊躇せず参加してくれた皆さんに心から感謝してる」と伝えた。

SOLは「現実的に頻繁にすることは難しいだろうが、できればフリーマーケットを年中行事のようにしたい」と希望を語った。彼は「フリーマーケットを通じてアーティストの不用品は新しい生命を得ることができ、その収益金はより大きな分かち合いの種になる」と語った。

「花答 :SOLと友達が一緒にするフリーマーケット&競売」はBCカードペイブックが後援した。これにニベア、キエル、オリオン、ハッピービンなども支援した。

SOLと友達、そして700人のファンの心を集めて行われたフリーマーケット&競売の収益金全額は、社会福祉団体「愛のカタツムリ」を通じて耳の不自由な児童・青少年の人工内耳の手術やリハビリのために使われる予定だ。

BIGBANGのSOL&D-LITE&コ・ギョンピョ&チュウォン&Beenzino、軍服姿の団体写真を公開

BIGBANGのSOL、コ・ギョンピョの除隊をお祝い…インスタが話題に「その日が来たね」

記者 : チ・ミンギョン