【密着レポ】ONEUS、LINE LIVEで食レポに初挑戦!可愛すぎる表情&アカペラ披露にファン悶絶

KSTYLE |

MAMAMOO、VROMANCE、ONEWEの所属事務所から2019年1月に韓国でデビューし、同年7月に日本でもデビューを果たしたONEUS。早くも2ndシングル『808』を発売した彼らが、リリースを記念して12月11日にLINE LIVEに生出演した。Kstyleではその配信現場に密着! ここでしか見られない写真とともにレポートをお届けする。

ONEUS 直筆サイン入りプレートのプレゼント概要は記事下をチェック!

MCのNICE73の紹介で、早々にカメラの前に登場したONEUS。今回の配信は翌週にリリースされる『808』の発売を記念したものであり、彼らはすでにリリースイベントの真っ最中。イベントに足を運んだTOMOON(ONEUSのファンの総称)からは次々にイベントの感想が送られ、序盤からコメント欄も大盛り上がり。

そんな中、早速ニューシングル『808』の紹介へ。ダンスのポイントは、“数字の「8」を表現した振り付け”。この曲はONEUSの今までの曲の中で最も振り付けが多いそうで、ダンスが大変だったという裏話も公開した。

また、最近覚えた日本語についての話題になると、コンヒは「あたたかい」「すずしい」を、ファンウンは「寒いから気をつけて」という言葉を挙げた。屋外で行われることが多かったという今回のリリースイベントのために覚えたようだ。続いて、RAVNがファンから教えてもらったという「ぴえん」を手のポーズつきで披露すると、コメント欄も「ぴえん」の嵐に。

さらに「アカペラで歌ってほしい」というTOMOONからのリクエストには、「やったことがないけど……」と言いながらも、ソホとコンヒが『Stand by』を歌い上げる大サービス!「神の声」「感動をありがとう」とファンも大興奮の様子だった。

続いて、新曲『808』にちなんだコーナーで、2チームに別れてゲームで対決! 最初はストラックアウトで8の数字を狙うゲームで、1人2つの持ち玉で、8に当たった合計数が多いチームが勝利となる。くじ引きをして、AチームはRAVN&ソホ&シオン、Bチームはコンヒ&イド&ファンウンに分かれて、早速ゲーム開始。

先攻のAチームは、ソホが見事に1球当てることに成功! しかし、後攻のBチームは、最初の投球者コンヒが5と2にボールを当てて「ゴニ(52)です」と、「8に当たるには身長がちょうどいい」と言われながら投球したファンウンは惜しくも外してしまい、Aチームが勝利した。

負けたBチームへの罰ゲームは“超かわいい愛嬌”。1人目のファンウンは「愛してるよ~」と言いながら投げキッスを披露するも、あまりの反応の無さに赤面。イドは普段のクールな表情から一変、目を閉じた可愛らしい表情を披露し、メンバーも驚きの様子。その後は、3人で協力してうちわでティッシュを8秒間浮かせ続けるゲームにもチャレンジ! 結果はどちらも成功となり、最後は6人全員で可愛い表情をTOMOONにプレゼントした。

続いてのコーナー「食レポ王決定戦」は、それぞれが引いたくじに書かれた日本の料理を食べて、知っている日本語と表情で美味しさをレポートするというもの。1人目のRAVNは「めっちゃやばいね~! TOMOONちゃん、あ~ん。愛してるよ~」とファンへのアピールも欠かさず、焼きそばを食レポ。

焼き鳥を食レポすることになったイドは、似ているとのことで普段“ひよこ”と呼ばれているそう。そんなイドに対して、コンヒは焼き鳥を指しながら「イドちゃんのママちゃんです」とシュールなボケを投入し、メンバー&ファンが大爆笑する一幕も。

さらに、本人は喋らずに他のメンバーが声真似をしたり、食レポをしながら「実は昨日食べちゃった」と正直に告白したり……ONEUSの様々な一面が見られるコーナーとなった。果たして、食レポ王に輝いたメンバーは? ぜひ配信でチェックしてみてほしい。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、エンディングへ。MCから、今後のイベントスケジュールを告知する間、残った食べ物を食べてもいいと伝えられると、メンバーたちはすぐさまテーブルに集合! カメラのことなどお構いなしのその姿に、コメントでファンも大爆笑だった。

最後は視聴者プレゼントの透明パネルにサインをしてお別れ。サインをしながらじゃれあうメンバーたちの姿を、超接近ショットでお届けした。

自由奔放で飾らない素顔が満載となった今回の生配信。ステージでのクールな姿とはまた違う、ONEUSの可愛らしい魅力を十分に堪能できたのではないだろうか。2月には日本で「2020 ONEUS JAPAN 2ND LIVE : FLY WITH US FINAL」の開催を控えている彼らの、今後の日本活動にも期待が高まる。

【配信概要】
ONEUSが初登場!「808」リリース記念LINE LIVE
配信日時:2019年12月11日(水)21:00~
配信URL:https://live.line.me/channels/779/broadcast/12547187
※「Kstyle」公式LINE友だち限定視聴となります

◼リリース情報
日本2ndシングル「808」
好評発売中

・初回限定盤 (CD+DVD) 価格:2,727円+税
・通常盤A / B / C (CD) 価格:各1,364円+税
・メンバー別ジャケット盤6種 価格:各682円+税 (CD)

◼公演情報
「2020 ONEUS JAPAN 2ND LIVE : FLY WITH US FINAL」

<関西公演>
日時 :
2020年2月8日(土)OPEN 16:00 / START 17:00
2020年2月9日(日)OPEN 15:00 / START 16:00

会場 : COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

<関東公演>
日時 :
2020年2月15日(土)OPEN 16:00 / START 17:00
2020年2月16日(日)OPEN 15:00 / START 16:00

会場 : 舞浜アンフィシアター

[チケット販売価格]
全席指定 8,800円(税込)
※年齢制限 : 3歳以下入場不可、4歳以上有料
※購入制限 : お1人様各公演4枚まで
※座席をお選び頂くことは出来ません。

詳細はこちら⇒https://oneus.jp/contents/278794

◼関連リンク
ONEUSオフシャルサイト:https://oneus.jp/


◆ONEUS 直筆サイン入りプレートを抽選で1名様にプレゼント◆



※プレゼントは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。※

【応募方法】
①Kstyle公式Twitterアカウント「@Kstyle_news」をフォロー
コチラのツイートをRT。
コチラのツイートに放送の感想やメッセージをリプライ(ツイート左下の吹き出しマーク)で投稿

【応募期間】
2020年1月20日(月) 19:00 ~ 1月22日(水) 11:00まで

【参加条件】
・TwitterでKstyle公式Twitterアカウント(@Kstyle_news) をフォローしていること。
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)
・応募に関する注意事項に同意いただける方

【当選発表について】
・プレゼントの当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・プレゼントはお選びいただけませんので、予めご了承ください。
・当選者の方にはKstyle(@Kstyle_news)のアカウントよりDM(ダイレクトメッセージ) にて当選のご連絡をさせていただきます。
・プレゼントに関するDM/メンションでのご連絡は、平日10:00~18:30となります。
※DM(ダイレクトメッセージ)は、Kstyle(@Kstyle_news) をフォローいただいておりませんと、お送りすることができませんので、ご注意ください。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、ご応募者のツイート内容については一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、指定の日時までにご連絡がない場合、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針<プライバシーポリシー>をお読み下さい。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
・応募時の内容に記載不備がある場合。
・お客さまのご住所が不明・又は連絡不能などの場合。
・本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
※当選者の方は、当選連絡のDMに記載されているURLをSNS等で公開されますと、第三者に入力されてしまう危険性がございますのでお控えください。

記者 : Kstyle編集部