“入隊中”Highlight ユン・ドゥジュン、直筆手紙で新年の挨拶「去年は辛かったけど…何事にも感謝したい」

Newsen |

写真=Newsen DB
入隊中のHighlight ユン・ドゥジュンが、ファンに直筆の手紙を送った。

Highlightの所属事務所Around USエンターテインメントは最近、Highlightの公式Instagramに「兵長の手紙」というコメントと共に、1枚の写真を掲載した。

写真の中には、ユン・ドゥジュンの自筆の手紙が収められている。ユン・ドゥジュンは「まだ若い年だけど、一緒に生活する戦友が僕よりずっと弟なので、過ぎ去る歳月が薄情に感じる軍隊での元旦だ。18年……19年は、個人的にもとても大変な時間だった。生きていく中で、両親の健康をこれほど祈ったことも、僕を愛するすべての人々が傷つかないように祈ったこともなかった」と伝えた。

ユン・ドゥジュンは「しかし、ここでの生活のおかげで、僕と僕の全てを振り返り、日常の大切さを悟ったし、僕が持っている全てのことが僕には十分すぎるということを、もう一度、何事にも感謝するという誓いをすることができる、とても大切な時間を過ごしている」と明かした。

ユン・ドゥジュンは「もう(除隊まで)100日くらいになった。僕の幸せより皆さん自身の幸せを先に考える、少しは利己的な皆さんになることを応援する」と付け加えた。

ユン・ドゥジュンは、2018年の8月に入隊した。

【PHOTO】Highlight ユン・ドゥジュン&SF9&LOVELYZら、韓国臨時政府樹立100周年記念音楽会に出演

Highlight ユン・ドゥジュン、模範的な軍生活で3ヶ月早く上等兵に進級「残りの服務にベストを尽くす」

写真=Highlight 公式Instagram

【ユン・ドゥジュン 直筆手紙全文】

皆さんお元気ですか? 兵長のユン・ドゥジュンです。

久しぶりに手紙を書くことになり、申し訳なく思ったり、嬉しい気持ちもあります。

僕の近況をいっぱいお伝えしたいですが、軍人の身分として慎重にならなければならない部分が多いので、最大限自制している点をぜひ理解していただきたくて、手紙を書き始めます!

昨年、どのように2019年を送らなければならないか分からないこともあり、怖くもあり、ドキドキしたりしたけど、いつのまにかSF映画の中の2020年が来てしまいました。まだとても若い年だけど、一緒に生活する戦友たちが僕よりずいぶん弟なので、過ぎ去る歳月が薄情に感じる軍隊での元旦です。

2018年……19年は、個人的にもとても大変な時間でした。生きていく中で、両親の健康をこんなに祈ったことも、僕を愛するすべての人々が傷つかないように祈ったこともなかったです。この道に入ってからはじめて、全てを下ろしたかったし色んな感情が僕をかすめて行く、少し辛い時間でした。

しかし、ここでの生活のおかげで、僕と僕の全てを振り返り、日常の大切さを悟ったし、僕が持っている全てのことが僕には十分すぎるということを、もう一度、何事にも感謝するという誓いをすることができる、とても大事な時間を過ごしています。

もう(除隊まで)残り100日くらいになりました。これもすぐに過ぎる時間ですが、まだその日を待つにはあまりにも辛い数字です……。

毎年新年には、世界の平和、僕の家族、友達、そして皆さんの健康と幸せを祈りますが、年末には後悔ばかりになります。今年はどうか……この祈りが叶えばいいなと思います。

僕の幸せより皆さん自身の幸せを先に考える、少しは利己的な皆さんになるように応援しながら、これで終わります。

みんな愛してるし、幸せで、元気で、風邪を引かないように気をつけてね。願うものにもう一歩近づくことができる皆さんになりますように!

―ドゥジュン―

記者 : ハン・ジョンウォン