ハン・ソッキュ&アン・ヒョソプ、新ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」で殺伐な師弟関係に…対立する2人の圧倒的なオーラ

MYDAILY |

写真=SAMHWA NETWORKS
SBSの新しい月火ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」シーズン2(脚本:カン・ウンギョン、演出:ユ・インシク)の俳優ハン・ソッキュとアン・ヒョソプが、鋭い師弟オーラで視線を圧倒する。

「浪漫ドクターキム・サブ」シーズン2は、地方のみすぼらしいトルダム病院を舞台に繰り広げられる“本当のドクター”の話で、変わった天才医師キム・サブ(ハン・ソッキュ)に出会い、人生の本当の浪漫に向けて走っていく内容が描かれる。2016年、韓国を“浪漫の波”で染め上げた「浪漫ドクターキム・サブ」シーズン1のカン・ウンギョン脚本家とユ・インシク監督、「浪漫ドクターキム・サブ」シーズン1で主人公を演じたハン・ソッキュがもう一度意気投合し、“レジェンド作品”の誕生を期待させる。

ハン・ソッキュとアン・ヒョソプは劇中、それぞれ本名がプ・ヨンジュで、一時“神の手”と呼ばれた変わった天才医師キム・サブ役と、生きるために外科医になった、生まれ持っての“手術の天才”外科フェロー2年目のソ・ウジン役を引き受けて熱演を予告している。

何よりもハン・ソッキュとアン・ヒョソプが互角に対抗したまま、極限の緊張感を爆発させる“師弟間の正面対峙”シーンがキャッチされて、耳目を集中させている。劇中トルダム病院の廊下で、キム・サブとソ・ウジンが向かい合って立っている場面だ。鋭い眼差しのキム・サブがソ・ウジンを涼し気に眺めているのに対し、ソ・ウジンはキム・サブに近づきながら挑戦的な眼差しを送っている。通常の師父と弟子の間の出会いでは見られない、“眼差しの激突”が尋常ではない殺伐とした雰囲気を醸し出しながら、これから繰り広げられる“ドクター師弟カリスマ”対立に対する好奇心が高まっている。

制作会社SAMHWA NETWORKSは「『浪漫ドクターキム・サブ』で、師匠ハン・ソッキュと弟子アン・ヒョソプの出会いにより誘発される緊張感がもう一つの視聴ポイントとして作用することになるだろう」とし、続けて「火花飛び散る感情線の対決により、お茶の間の視聴者をストーリーに引き込む二人の演技の呼吸に期待してください」と伝えた。

「浪漫ドクターキム・サブ」シーズン2は、韓国で1月6日に放送がスタートする。

記者 : イ・イェウン