「2019 SBS演技大賞」キム・ナムギルが大賞を獲得…イ・スンギ&miss A出身スジらも喜び語る(総合)

TVREPORT |

写真=「2019 SBS演技大賞」放送画面キャプチャー
俳優キム・ナムギルが「熱血司祭」で大賞を受賞した。

31日に韓国で生放送された「2019 SBS演技大賞」の授賞式で、キム・ナムギルは大賞の受賞者に選ばれた。

「熱血司祭」は国家情報院出身であるカトリック教会の司祭の物語を描いた作品で、視聴率20%の壁を超えた。このドラマでキム・ナムギルは司祭に扮し、コミカルからアクションまで毎回熱演を披露しながら“信頼してみることのできる俳優”となった。演技人生16年目の結実とも言える。

キム・ナムギルは「心から感謝します。俳優たちはみんな同じだと思います。普段から塞翁が馬だと思って、大小のことにこだわらないタイプですが、このように大きな賞をいただくと、さすがにそう思うのが簡単ではありませんね。笑っていいのか、泣いていいのか分かりません」と感想を伝えた。

キム・ナムギルは「大衆の前に立つこと、そしてカメラの前に立つことを職業的には当たり前のように受け入れられますが、時には勇気が要ります。今年は特にそうでした。この場に立つことができるよう、前向きなエネルギーで応援してくれた『熱血司祭』の俳優たちのこの花を持たせたいと思います」

演出家が選んだプロデューサー賞は「VIP」のチャン・ナラが受賞した。チャン・ナラは「VIP」に出演した俳優たちとスタッフの名前を一人ひとり呼びながら「私の誇りです。これからもそうだと思います。今回の作品に出演しながら戸惑った時、大きな力になってくれました」と涙の感想を伝えた。

最優秀賞の男性部門は「味見しますか?」のソ・ドヨンと「バガボンド」のイ・スンギ、「緑豆の花」のチョ・ジョンソクが受賞した。ソ・ドヨンは「デビュー以来15年間、年末の授賞式は家族や友人と一緒に見ていた、僕とは程遠い世界の話でした。このような晴れの場に立っているのが夢のようです」と感想を明かした。

イ・スンギは「身に余る賞をいただいたと思います。今回の作品に参加しながら得たこと、考えたことが多いです。俳優として大事なのは協業だともう一度感じました。この賞は僕ではなくて、素敵な作品に与えられた賞だと思います」と話した。

チョ・ジョンソクは「ドラマを愛してくれた皆さんにもう一度お礼を言いたいと思います。このドラマに出会ったのは幸運でした。さらにこのような大きな賞もいただき、とても嬉しく、幸せに思います」と話した。妻の歌手GUMMYに「恥ずかしいけど、愛してる」という告白も伝えた。

女性部門では「味見しますか?」のシム・イヨン、「バガボンド」のmiss A出身スジ、「熱血司祭」のイ・ハニが最優秀賞を受賞した。シム・イヨンは「一緒にやってきたすべての出演者、すべてのスタッフにこの胸の震えを伝えたいと思います。私の演技を物心両面でサポートしてくれる、私の人生にかけがえのない存在である夫チェ・ウォニョンと二人の娘へ。いつも信頼し、待ってくれて、愛してくれてありがとう」と感想を伝えた。

スジは「最高のスタッフと長い間疲れず、最後まで共にすることができたことに感謝します。たくさんのことを学んだ現場でした。苦労した多くのスタッフの代わりにいただいた賞だと思います」と涙を流した。

イ・ハニは「力不足の私にこのように大きな賞を与えていただき感謝します。受賞するために演技をしたことは一度もありませんが、受賞すると嬉しいです」と話した。

「2019 SBS演技大賞」受賞者リスト

◆大賞 : キム・ナムギル「熱血司祭」

◆プロデューサー賞 : チャン・ナラ「VIP」

◆最優秀賞中編ドラマ : チョ・ジョンソク「緑豆の花」、イ・ハニ「熱血司祭」

◆最優秀賞ミニシリーズ : イ・スンギ「バガボンド」、miss A出身スジ「バガボンド」

◆最優秀賞長編ドラマ : ソ・ドヨン「味見しますか?」、シム・イヨン「味見しますか?」

◆韓流コンテンツ賞:「バガボンド」

◆青少年演技賞:ユン・チャンヨン「医師ヨハン」

◆優秀賞(中編ドラマ) : キム・ソンギュン「熱血司祭」、ハン・イェリ「緑豆の花」

◆優秀賞(ミニシリーズ) : イ・サンユン「VIP」、イ・セヨン「医師ヨハン」

◆ベストキャラクター賞:チョン・ムンソン「ヘチ 王座への道」、ピョ・イェジン「VIP」

◆ベストカップル賞 : スジ、イ・スンギ「バガボンド」

◆助演賞(チーム):アン・チャンファン、コ・ギュピル、ペク・ジウォン、チョン・ソンウ「熱血司祭」

◆助演賞 : ムン・ジョンヒ「バガボンド」、イ・チョンア「VIP」、コ・ジュン「熱血司祭」

◆新人賞 : ウム・ムンソク「熱血司祭」、クム・セロク「熱血司祭」、コ・ミンシ「シークレット・ブティック」

記者 : イ・ヘミ