GOT7 ジニョン、映画「夜叉」に出演決定“緊張するが最善を尽くす”

TVREPORT |

写真=JYPエンターテインメント
映画「夜叉(仮題)」にキャスティングされたGOT7のジニョンがときめきいっぱいの出演の心境を伝えた。

ジニョンは所属事務所JYPエンターテインメントを通じて「素晴らしい監督、尊敬する先輩と一緒に仕事をすることになり、とても光栄だ。先輩たちの演技を見るだけで勉強になりそうでときめいているが、一方では先輩たちの前で演技をすると思うと緊張する。しかし、最善を尽くして作品で任される部分を上手く埋めていきたい」と伝えた。

映画「夜叉」はスパイたちの最大接戦地である中国・瀋陽で“夜叉”と呼ばれる国家情報院の瀋陽支部長とそこに特別監察に行った検事が出会うことで繰り広げられる物語を描く緊張感100%のスパイアクション映画だ。

ソル・ギョングが国家情報院の瀋陽支部長で海外工作専門“ブラックチーム”のチーム長を、パク・ヘスが法律を守ったために瀋陽に左遷されたソウル中央地検所属の検事役を確定して話題となっている。

ジニョンはソル・ギョングが率いる“ブラックチーム”の末っ子メンバー、ジョンデ役に扮し、観客と会う。

記者 : キム・プルイプ