SUPER JUNIOR キュヒョン&EXO スホら、ミュージカル「笑う男」リハーサル映像を生中継…豪華キャストに注目

Newsen |

写真=EMK
ミュージカル「笑う男」が生中継される。

ミュージカル「笑う男」の制作会社EMKミュージカルカンパニー(以下、EMK)は1月9日、芸術の殿堂オペラ劇場での再演を控えて、1月1日午後6時、Sitz Probe(オーケストラとのリハーサル)の生中継放送を予告して注目を集めた。

Sitz Probeは、ミュージカル開幕前に俳優とオーケストラが呼吸を合わせてみる稽古で、1月1日に行われるミュージカル「笑う男」Sitz Probeを通じて秀麗な旋律の美しいナンバーを披露するものと期待を集めている。

また、ミュージカル「笑う男」のSitz Probe生中継には、キム・ムンジョン音楽監督とTHE M.Cオーケストラが参加し、より一層壮大で華やかな音楽をライブで楽しむことができる見通しだ。

特に1月1日に生中継されるSitz Probeは、1月9日の開幕を控えているミュージカル「笑う男」のニューキャストとして参加するSG WANNABEのイ・ソクフンとSUPER JUNIORのキュヒョンのグウィンプレンに、上演前に一足早く会うことができる機会になるものとみられ、関心が高まっている。また、2018年初演当時に素晴らしい演技と歌唱力で観客たちの支持を一身に受けたパク・ガンヒョンとEXOのスホが見せるより一層深くなった表現力もミュージカル「笑う男」Sitz Probeの観覧ポイントになるものとみられる。

世紀の文豪ヴィクトル・ユーゴーの名作小説を原作にしたEMKオリジナルミュージカル「笑う男」は、身分による差別が激しかった17世紀のイギリスを背景に、恐ろしい怪物の顔をしているが、純粋な心を持つグウィンプレンの旅程を通じて、定義と人間性が崩れた世相を批判し、人間の尊厳と平等の価値について深く描き出した作品である。

イ・ソクフン、キュヒョン、パク・ガンヒョン、スホ、ミン・ヨンギ、ヤン・ジュンモ、シン・ヨンスク、キム・ソヒャン、カン・ヘイン、イ・スビンら、豪華キャストの公開から熱い反響を巻き起こしたミュージカル「笑う男」は、2020年最大の期待作で、もう一度大ヒットを記録する見通しだ。

2020年の始まりを飾るミュージカル「笑う男」Sitz Probeは、1月1日午後6時、カカオトーク#公演(ショップ公演)とカカオTVチャンネルでライブで観ることができる。韓国トップの俳優たちのライブ歌唱を場所にとらわれずに、リアルタイムで楽しむことができ、観客の大きな反響が予想される。また、ライブが始まる午後6時から24時間にわたって、30%特別タイムセールを行う予定であり、「笑う男」を待っている観客たちに特別な新年の贈り物になるとみられる。

2018年ワールドプレミアで上演され、4つのミュージカル賞作品賞をすべて席巻した初の作品だというタイトルを獲得し、興行性と作品性の両方を証明したミュージカル「笑う男」は、1月9日から3月1日まで芸術の殿堂オペラ劇場で上演される。

記者 : パク・アルム